Rakuten infoseek

辞書

橋脚【きょうきゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

橋脚
きょうきゃく
bridge pier
橋梁の上部構造を支える脚をいう。橋脚はさらに強固な基礎工 foundationを通じて,橋梁全体の重さ (荷重) が地盤で支えられる。橋梁両端にあって,上部工を支える脚の働きをするとともに,その背後からの土圧をも支えるものを特に橋台 abutmentと呼ぶ。橋脚,橋台,基礎工をまとめて橋梁下部構造と呼び,普通は,そのほとんどの部分が土中あるいは水中に隠された目立たない存在となっているが,これらは橋梁全体を支える重要な構造物である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐きゃく〔ケウ‐〕【橋脚】
(はしげた)を支える

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうきゃく【橋脚】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうきゃく【橋脚】
橋を支える柱。脚柱。構脚。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐きゃく ケウ‥【橋脚】
〘名〙 橋桁(はしげた)を支える柱。橋の下部構造で、橋台と橋台との中間に設ける。橋の全長が長くなる場合、途中で橋桁(はしげた)などの上部構造を支持し、上からの荷重を地盤に伝える。構造により単柱式、ラーメン式がある。構脚。脚柱。
※江戸繁昌記(1832‐36)三「一橋脚を隔て、軽舟流に横る」 〔白居易‐和微之春日投簡陽明洞天詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橋脚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

橋脚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.