Rakuten infoseek

辞書

橋本忍【はしもと しのぶ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

橋本忍 はしもと-しのぶ
1918- 昭和後期-平成時代の脚本家。
大正7年4月18日生まれ。伊丹万作師事。昭和25年「羅生門」が黒沢明監督にみとめられ,映画化第1作となる。以後生きる」「七人の侍」など初期黒沢作品を共同執筆。ほかに「切腹」「砂の器」「八甲田山」など多数。テレビ作品「私は貝になりたい」はのち映画化され,監督もつとめた。兵庫県出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉

はしもと‐しのぶ【橋本忍】
[1918~2018]脚本家。兵庫の生まれ。黒沢明監督の映画「羅生門」の脚本を黒沢と共同で手がけてデビュー。以後も「生きる」「七人の侍」などの黒沢作品に共同脚本で参加。テレビドラマ「私はになりたい」の脚本を手がけると、同作の映画化では自ら監督も務めた。他の脚本作品に「」「切腹」「日本のいちばん長い日」「白い巨塔」などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はしもとしのぶ【橋本忍】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

橋本忍
はしもとしのぶ
(1918―2018)
シナリオ作家。兵庫県に生まれる。軍隊で結核にかかり、闘病中にシナリオに興味をもち、伊丹万作(いたみまんさく)に師事。伊丹の死後、その助監督佐伯清(さえききよし)(1914―2002)の紹介で黒澤明を知り、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)の『藪(やぶ)の中』をもとに『羅生門』を執筆、1950年(昭和25)黒澤によって映画化され、ベネチア国際映画祭でグランプリを受賞した。以後『生きる』(1952)、『七人の侍』(1954)など黒澤作品の共同執筆者となる。1956年『真昼の暗黒』で社会派として注目され、1958年には『張込み』『夜の鼓』、テレビドラマ『私は貝になりたい』(翌1959年自ら監督で映画化)を執筆、その後も『切腹』(1962)、『白い巨塔』(1966)、『砂の器』(1974)、『八甲田山』(1977)など重厚な脚本を提示した。2000年(平成12)3月、兵庫県神崎(かんざき)郡市川町の市川町文化センターに橋本忍記念館が開館した。[千葉伸夫]
『橋本忍著『私は貝になりたい』(1959・現代社) ▽橋本忍著『悪の紋章』(1967・講談社) ▽橋本忍著『独裁者のラブレター』(1969・講談社) ▽橋本忍著『シナリオ人間革命』(1973・潮出版社) ▽橋本忍著『映画「八甲田山」の世界』(1977・映人社) ▽橋本忍著『幻の湖』(1980・集英社) ▽橋本忍・シナリオ作家協会著『橋本忍人とシナリオ』(1994・シナリオ作家協会) ▽橋本忍著『戦国鉄砲商人伝』(集英社文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橋本忍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

橋本忍の関連情報

関連キーワード

牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))第1次世界大戦芥川龍之介

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.