Rakuten infoseek

辞書

【ソリ】

デジタル大辞泉

そり【×橇】
雪や氷の上を滑らせて走る乗り物または運搬具。 冬》「―の道雪あたらしくかがやけり/秋桜子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そり【橇】
〈輴〉〈雪車〉〈雪舟〉などとも書く。橇の字は,〈そり〉とも〈かんじき〉とも読んでいる。一般には雪・氷の上をすべらせて,人または荷物を運搬するのに用いる道具であるが,スキー,かんじき類の雪上歩行具,滑走具をも橇の範囲にいれることが多い。また泥土上や傾斜面などをすべらす運搬具も橇の部類に属するものとしている。 日本の橇には,滑走用のはき物としての〈やまぞり〉〈いたぞり〉がある。いずれもスキー渡来以前の日本在来の滑走具と考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そり【橇】
人や荷物を乗せて雪や氷の上を滑らせるように作った乗り物。多く馬・犬・トナカイなどに引かせる。 [季] 冬。 《 ひつぱりて動かぬ-をひつぱりぬ /高野素十 》

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

橇の関連情報

他サービスで検索

「橇」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.