Rakuten infoseek

辞書

横笛【よこぶえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

横笛
よこぶえ
単にとも呼ばれる。日本の伝統的な管楽器雅楽や日本古来の祭式歌舞などに使用される神楽笛竜笛 (りゅうてき) ,高麗笛 (こまぶえ) ,能楽長唄などに使用される能管,長唄や種々の民俗芸能などに用いられる篠笛の5種がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横笛
よこぶえ
能の曲名。『平家物語』の滝口入道と横笛の悲恋物語を取上げた能。現行曲にはないが,廃曲に何種かある。『滝口』『滝口横笛』『鵆 (ちどり) ヶ淵』とも呼ばれる曲では,滝口をワキ,横笛をシテとする劇能としている。ほかに『幽霊横笛』ともいう曲や,乱拍子をもつ別曲もある。御伽草子にも,『横笛草紙』がある。また高山樗牛の『滝口入道』にも描かれる。長唄に同名の曲が2つある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おう‐てき〔ワウ‐〕【横笛】
よこぶえ。
雅楽に用いる笛の一。竜笛(りゅうてき)。「王敵」に音が通じるとして「ようじょう」と読むことが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう‐じょう〔ヤウヂヤウ〕【笛】
《歴史的仮名遣いは「やうでう」とも。「横笛(おうてき)」が「王敵」に音が通じるとして読み替えたもの》「よこぶえ」に同じ。
「腰より―抜き出だし、ちっと鳴らいて」〈平家・六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よこ‐ぶえ【横笛】
管を横に構えて吹く笛の総称。日本では、神楽笛竜笛(りゅうてき)高麗笛(こまぶえ)篠笛(しのぶえ)能管などをいう。おうてき。ようじょう。→縦笛

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よこぶえ【横笛】[人名・書名]
平家物語に登場する女性。建礼門院雑仕(ぞうし)。平重盛の臣斎藤時頼滝口入道)に愛され、出家した時頼のあとを追って尼となった。
源氏物語第37巻の巻名。光源氏49歳。柏木一周忌と、柏木遺愛の横笛を夕霧から預かった源氏の複雑な心情などを描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

横笛 よこぶえ
?-? 平安時代後期の女官。
建礼門院の侍女。平重盛の家臣斎藤時頼(滝口入道)との恋愛が時頼の父にみとめられず,出家した時頼を追う。「源平盛衰記」では時頼に拒絶されて大堰(おおい)川に投身したとする。「平家物語」でも諸本によりその最期はいろいろにつたえられている。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

よこぶえ【横笛】
長野の日本酒。酒名は、平家物語における斎藤時頼と建礼門院官女・横笛との悲恋物語にちなんで命名。精米歩合39%で仕込む大吟醸酒深水」をはじめ、純米酒本醸造酒、普通酒などをそろえる。原料米は山田錦美山錦、ヨネシロ。仕込み水は霧ヶ峰高原伏流水蔵元の「伊東酒造」は昭和33年(1958)創業。所在地は諏訪市諏訪。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうてき【横笛】
(1)雅楽の楽器名。竜笛(りゆうてき)ともいい,その項目を参照されたい。(2)歌舞伎陰囃子(かげばやし)の曲名。能管のみで奏する曲。雅楽の横笛の音色を模した曲で,公家・大名等の邸宅で,死に別れをする役などがしみじみと述懐する場面に用いる。(ゆか)のめりやすと併奏することが多い。【横道 万里雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

よこぶえ【横笛】
平曲・能・長唄の曲名。(1)平曲。平物(ひらもの)。フシ物。平維盛(これもり)は,都の妻子が気がかりでひそかに屋島の戦線を離れ,高野山に滝口入道(滝口・横笛)を訪ねた。この僧はもと館に仕えた武士で,若いころ横笛という女と恋をした。滝口の父親は出世のためにもっと身分の高い女と結婚しろと意見をする。滝口は,人生はせいぜい七,八十年,そのうち盛りは二十年ほどだから,いやな女と添うことはできないが,好きな女と添うのでは父の意志に背くことになると考えて,剃髪してしまった(〈折リ声・サシ声・中音(ちゆうおん)〉)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうてき【横笛】
よこぶえ。 → ようじょう(横笛)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ようじょう【横笛】
〔歴史的仮名遣いは「やうでう」とも。「横笛」の字音「おうてき」が「王敵」に通じるのを忌んで読みかえたものという〕
よこぶえ。おうてき。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よこぶえ【横笛】
管を横に構えて吹く笛。日本では、神楽笛かぐらぶえ・竜笛りゆうてき・高麗笛こまぶえ・能管のうかん・篠笛しのぶえなどの総称としていう。おうてき。ようじょう。 ⇔ 縦笛

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よこぶえ【横笛】
○ 平家物語に登場する女性。建礼門院の侍女。平重盛の臣斎藤時頼(滝口入道)に愛され、その出家後、嵯峨往生院に入道を訪れるが修行のさまたげと会うことを拒まれ、のちに尼となった。
を題材とした楽曲の総称。平曲・能(廃曲)・長唄などにある。
源氏物語の巻名。第三七帖。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐じゃく ワウヂャク【横笛】
〘名〙 =おうてき(横笛)色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おう‐てき ワウ‥【横笛】
〘名〙 雅楽の唐楽に用いる笛の一種。一名、龍笛(りゅうてき)。首端を横にして吹く笛で、長さ一尺三寸二分八厘(約四〇センチメートル)。催馬楽、朗詠などの伴奏楽器としても用いられる。おうじゃく。→ようじょうよこぶえ。〔色葉字類抄(1177‐81)〕〔李益‐従軍北征詩〕
[語誌](1)「随筆・綿所談‐二」にはワウテキは「王敵」に通じるので避けられたとの説もあり、「横笛」の音読みに変化形が多い。
(2)平安末期の「更級日記」(鎌倉時代の定家写本)には「ゐやう定(ぢゃう)」の例がある。「伊呂波字類抄」(室町時代初期写)にも「ヰャウチャウ」の読みがある。院政期の「色葉字類抄」には和訓「ヨコフエ」のほか、字音語として「クヮウチ(ャ)ク」「ワウチャク」「クヮウテキ」「ワウテキ」の四種の読みが見える。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう‐じょう ヤウヂャウ【横笛】
〘名〙 (歴史的かなづかいは「やうでう」とも。「横笛」の字音「おうてき」が「王敵」に通じるのを忌んで読みかえたものという) =おうてき(横笛)
更級日記(1059頃)「箏のことかきならされたる、ゐやう定の吹きすまされたるは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よこ‐ぶえ【横笛】
[1] 〘名〙
① 横にかまえて吹く笛の総称。〔名語記(1275)〕
② 特に、雅楽の唐楽に用いる笛の一種。首端を横にして吹くもので、歌口のほかに七孔あり、長さ一尺三寸二分八厘(約四〇センチメートル)。催馬楽朗詠などの伴奏楽器としても用いる。龍笛(りゅうてき)。おうてき。〔十巻本和名抄(934頃)〕
[2]
[一] 「源氏物語」第三七帖の名。光源氏四九歳の二月から秋まで。親友柏木の死後、柏木の北方落葉宮とその母一条御息所を見舞った夕霧が、御息所から柏木遺愛の横笛を贈られることを中心に、柏木没後の模様を描く。
[二] 平家物語に登場する女性。建礼門院に仕え、平重盛の臣斎藤時頼(滝口入道)に愛されたが、時頼が出家したため後を追い尼となる。
[三] 邦楽の曲名。(二)(二)の悲恋物語を題材としたもの。
(1)長唄。明治二〇年(一八八七)頃、三世杵屋正治郎作曲。三宅花圃作詞。
(2)長唄。明治二七年(一八九四)三世杵屋六四郎(後名二世稀音家浄観)作曲。作詞は菊園主人。研精会派の曲。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

横笛
よこぶえ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
寛永16(江戸・村山座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横笛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

横笛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.