Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

横溝正史【よこみぞ せいし】

美術人名辞典

横溝正史
小説家。神戸市生。雑誌新青年』に掲載された「恐ろしき四月馬鹿」が処女作。のち江戸川乱歩のすすめで上京し雑誌編集の探偵小説翻訳創作を行った。文筆活動に千年後、日本の風土を生かした論理的な本格推理小説を続々と発表、名探偵金田一耕助の登場する『本陣殺人事件』で第一回探偵作家クラブ賞を受賞した。代表作に『獄門島』『八つ墓村』『悪魔の手鞠唄』等がある。昭和56年(1981)歿、79才。

出典:(株)思文閣

朝日新聞掲載「キーワード」

横溝正史
1902年生まれ。46年、探偵金田一耕助を初めて登場させた「本陣殺人事件」を発表。第1回探偵作家クラブ賞長編賞受賞。約35年前から、金田一作品が相次いで映画化され、ブームを起こした。81年、79歳で死去
(2012-10-17 朝日新聞 朝刊 都区内 2地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

よこみぞ‐せいし【横溝正史】
[1902~1981]小説家兵庫の生まれ。本名正史(まさし)。日本の風土に怪奇性を融合させた本格推理小説を発表。作「本陣殺人事件」「八つ墓村」「犬神家の一族」「悪魔の手毬唄(てまりうた)」「人形佐七捕物帳」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

横溝正史 よこみぞ-せいし
1902-1981 昭和時代の小説家。
明治35年5月25日生まれ。博文館にはいり「新青年」編集長をつとめ,昭和7年から文筆に専念。22年の「本陣殺人事件」を手はじめに,「獄門島」「悪魔の手毬唄(てまりうた)」など,日本的風土を背景に名探偵金田一耕助が活躍する本格推理小説をつぎつぎに発表した。時代小説「人形佐七捕物帳」も知られる。昭和56年12月28日死去。79歳。兵庫県出身。大阪薬専(現阪大)卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

よこみぞせいし【横溝正史】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

横溝正史
よこみぞせいし
[生]1902.5.24. 兵庫,神戸
[没]1981.12.28. 東京,新宿
小説家。本名横溝正史(よこみぞまさし)。1924年大阪薬学専門学校(→大阪大学)卒業。1926年博文館(→博文館新社)に入社,雑誌『新青年』などの編集長を務めた。退社後『面影双紙』(1933),『鬼火』(1935),『真珠郎(しんじゅろう)』(1936~37)などロマン的色彩の濃い推理小説を発表,江戸川乱歩と並び称された。時代小説「人形佐七捕物帳」シリーズ執筆のかたわら本格推理小説を目指し,第2次世界大戦後,名探偵金田一耕助を主人公とする『本陣殺人事件』(1946),『八つ墓村』(1949~50),『悪魔が来りて笛を吹く』(1951~53),『悪魔の手毬唄』(1957~59)などを発表。日本の風土にひそむ土着的なものをプロットにからませ,多くの読者を集めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

横溝正史
よこみぞせいし
(1902―1981)

推理作家。神戸市生まれ。大阪薬学専門学校卒業後、博文館に入社。1928年(昭和3)森下雨村(うそん)の跡を継いで『新青年』の編集長となり、海外推理小説の名作を紹介するかたわら、推理小説を執筆、『鬼火』『蔵の中』『真珠郎』などを発表した。いずれも耽美(たんび)的で、草双紙趣味にあふれた、論理的推理小説とは異質のものであった。第二次世界大戦後、46年(昭和21)から47年にかけて『本陣殺人事件』と『蝶々(ちょうちょう)殺人事件』を発表。これらは戦前とは作風を一変する本格的トリック小説で、戦後の本格長編リバイバルの原動力となった。その作風はディクスン・カーに触発されたもので怪奇性と論理的トリックを日本的風土のなかで融合させている。その後も『獄門島』『悪魔の手毬唄(てまりうた)』などの力作を発表し、名探偵金田一(きんだいち)耕助は乱歩の明智小五郎(あけちこごろう)と並ぶポピュラーな存在となった。

[厚木 淳]

『『獄門島』『悪魔の手毬唄』(角川文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よこみぞ‐せいし【横溝正史】
推理小説家。兵庫県生まれ。大阪薬学専門学校卒。日本の風土とロマン性とを結びつけた作風が特徴。作品「本陣殺人事件」「八つ墓村」「犬神家の一族」「人形佐七捕物帳」など。明治三五~昭和五六年(一九〇二‐八一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横溝正史」の用語解説はコトバンクが提供しています。

横溝正史の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.