Rakuten infoseek

辞書

横に行く【よこにゆく】

大辞林 第三版

よこにゆく【横に行く】
遊女が、客の床を抜け出し他の客や情夫の所に行く。 「恩と義理忘れて-・くも有/人情本・辰巳園

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よこ【横】 に 行(ゆ・い)
① 無理を押し通す。また、おどかす。ゆする。
浮世草子・風流連理𢢫(1735)下「とかく喧𠵅を仕かけて物を取、竪衆ではなうて、に行とて蝤蛑組(かざみぐみ)とて三人の男立」
② 遊女が、ひそかに他の客や情夫のところへ行く。横を切る。横を取る。横切る。
※洒落本・魂胆惣勘定(1754)中「又小用に立てあいだあらば虚としるべし。横(ヨコ)に行ておそき事もあり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横に行く」の用語解説はコトバンクが提供しています。

横に行くの関連情報

他サービスで検索

「横に行く」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.