Rakuten infoseek

辞書

【ケン】

デジタル大辞泉

けん【権】
[名]
他を支配する力。権力。「兵馬のを握る」
物事を行う資格。また、他に対して物事を主張・要求する資格。権利。「参政」「サーブ
「嬢様の聟君を択ぶ―は俺にあるんだ」〈魯庵社会百面相
臨機応変の処置。一時的な手段。
「これを行ふに経(けい)あり。―あり」〈折たく柴の記・下〉
[名・形動]
険(けん)3
おごり高ぶるさま。高慢。権高(けんだか)。
「たださへも―な娘に金をつけ」〈柳多留・一〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん【権〔權〕】[漢字項目]
[音]ケン(漢) ゴン(呉) [訓]はかり はかる はかりごと
学習漢字]6年
〈ケン〉
はかり。はかりのおもり。「権衡
事の成否をはかり考える。「権謀
他を従わせる力や勢い。「権威権限権力強権執権実権政権覇権
物事にあずかる資格。「権利棄権債権親権人権特権民権利権選挙権
力をもって便法とすること。「権道
〈ゴン〉仮の。臨時の。「権化権現権妻
[名のり]のり・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごん【権】
定員のほかに仮に任じた官位。多く、官位を表す語の上に付けて用いる。権官。「大納言」
「令、正員四人なり。寛平御宇に正二人、―一人となる」〈職原抄・上〉
最上位の次の地位。副(そえ)。「僧正」
「般若寺の観賢僧正と云ふ人、―の長者にてありける時」〈今昔・一一・二五〉
仮のもの。方便であるもの。
「この提婆達多は、大菩薩の―の示現にてもあるべきなれども」〈十善法語・八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごん【権】[漢字項目]
けん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けん【権】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けん【権】
( 名 )
他人を従わせる力。権力。 「政治の-をにぎる」
権利。権能。
はかりごと。 「これを行ふに経あり、-あり/折たく柴の記」
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
高慢なこと。権高なこと。また、そのさま。 「たださへも-な娘に金をつけ/柳多留 10
けん」に同じ。 「 -のある眼付が怪しい光を放つた/社会百面相 魯庵
[句項目] 権に借る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごん【権】
仮のもの。真実ではないもの。 「 -をすてて実じちをとり、仮をさしおいて真をもちゐるこそ/歎異抄」
(官位を表す語の上に付いて)定員外に仮に任じた官位であることを表す語。権官。 「 -大納言」 「 -中将」
(「権」または「権の」の形で、他の語の上に付いて)本来のものに準ずることを表す語。 「 -の北の方」 「 -僧正」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けん【権】
〘名〙
① はかりのおもり。また、はかり。〔孟子‐梁恵王・上〕
② 臨機応変の処置。便宜的な手段。方便。また、一時的なこと。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「よろしく度(はか)るに事変之権を以てすべし。凡その事、常あり、変(べん)あり。これを行ふに経あり、権あり。先儒のいはく『権者所以達一レ経也』」 〔易経‐繋辞下〕
③ 他人を支配することのできる力。権力。権勢。
※法性寺関白御集(1145か)「官祿余身雖世、素閑承性不権」 〔荀子‐議兵〕
④ 人が当然のこととして自己を主張し、行動することのできる力。権利。
※百一新論(1874)〈西周〉下「譬へば臣は君に対し養を受くべき権あり。君は臣に対して其臣の使令に供するを望むの権あり」
⑤ ある立場の者がその職務上与えられている、何ごとかを行なう権利。権限。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「事を為す可き権と云ふ義あり。即ち罪人を取押るは市中廻方(まはりかた)の権なり」
⑥ (形動) おごりたかぶること。また、そのさま。高慢。見高(けんだか)
※雑俳・柳多留‐一〇(1775)「たださへもけんな娘に金をつけ」
⑦ ⇒けん(険)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごん【権】
〘名〙
① (実に対して) 仮のもの。臨時のもの。
※菅家後集(903頃)叙意一百韻「未曾邪勝一レ正、或以実帰権」 〔鼠璞‐巻下・権行守試〕
② 仮に任じた官位。権官。多く、官位を示す語の上に付けて用いる。「権大納言」など。
※延喜式(927)一八「凡正員之外、特任権官者、不正権、依位階次
③ 最上位の次の地位。
※今昔(1120頃か)一一「般若寺の観賢僧正と云ふ人、権の長者にて有ける時」
④ 「ごんさい(権妻)」の略。
※ありのすさび(1895)〈後藤宙外〉二「小六を落籍(ひか)せて権(ゴン)の位に直し、赤坂辺に別宅構へて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

権の関連情報

他サービスで検索

「権」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.