Rakuten infoseek

辞書

【ヒョウ】

デジタル大辞泉

ひょう〔ヘウ〕【標】
目じるし。また、目標。
「衆目の―になりたい」〈蘆花思出の記
朝廷公事(くじ)のとき、百官席次を定めたしるし白木

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひょう【標】[漢字項目]
[音]ヒョウ(ヘウ)(呉)(漢) [訓]しるし しるす
学習漢字]4年
目じるし。目あて。「標識標準標的標本指標商標道標(どうひょう)浮標墓標目標門標
目立つように示す。「標語標示標榜(ひょうぼう)
[名のり]えだ・かた・こずえ・しな・すえ・たか・ひで
[難読]標縄(しめなわ)澪標(みおつくし)道標(みちしるべ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しめ【標】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ひょう ヘウ【標】
〘名〙
① しるしの木。目じるしの木。標識(ひょうしき)。しめ。
※儀式(872)八「当第三的南標〈到此標下馬遅速〉」 〔晉書‐宣帝紀〕
② 平安時代以降、朝廷の公事の時に、百官の席次を定めるために置いた長さ五寸幅四寸ほどのしるしの白木。また、それが置いてある座席。版(へん)
※内裏式(833)七月七日相撲式「当閣東階、南去六許丈、預置標之験
③ 人の名や商品の名などを書いて人目につくように掲げておくもの。表札、看板の類。
※談義本・世間万病回春(1771)五「天野八中と標(ヒャウ)をかけて」
④ めあて。目標。
思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「衆目の標(ヘウ)になりたい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

標の関連情報

他サービスで検索

「標」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.