Rakuten infoseek

辞書

樋脇【ひわき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

樋脇
ひわき
鹿児島県北西部,薩摩川内市中部の旧町域。川内川の支流樋脇川,市比野川流域に位置する。 1940年町制。 2004年川内市,入来町,東郷町,祁答院町,村,上甑村,下甑村,鹿島村と合体して薩摩川内市となった。江戸時代には塔之原 (とうのはら) に地頭仮屋 (→ ) が置かれた。農業が主産業で,河川沿岸の沖積地と周囲のシラス台地で,米,サツマイモのほか,ラッキョウ,ハクサイ,トマト,ゴボウなどを産する。竹製品と焼酎が特産。市比野川沿いには市比野温泉がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

樋脇
鹿児島県薩摩川内市にある道の駅。県道川内加治木線に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

樋脇
ひわき
鹿児島県北西部、薩摩郡(さつまぐん)にあった旧町名(樋脇町(ちょう))。現在は薩摩川内(せんだい)市の中南部を占める一地区。1940年(昭和15)町制施行。2004年(平成16)川内市、入来(いりき)町、東郷(とうごう)町、祁答院(けどういん)町、里(さと)村、上甑(かみこしき)村、下甑(しもこしき)村、鹿島(かしま)村と合併、薩摩川内市となる。旧町域は、川内川支流の樋脇川流域低地と周囲のシラス台地からなる。近世は島津氏の直轄地で、塔之原(とうのはら)に地頭仮屋(じとうかりや)・麓(ふもと)が置かれた。米、茶、畜産などのほか野菜の生産が多く、竹製品が特産物。樋脇川と合流する市比野(いちひの)川上流の市比野温泉は単純温泉。町で集中管理して旅館や一般家庭に配湯している。[白石太良]
『『樋脇町史 続編』(1959・樋脇町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樋脇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

樋脇の関連情報

他サービスで検索

「樋脇」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.