Rakuten infoseek

辞書

【がく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


がく
日本音楽の用語および曲名。 (1) 音楽の略語。 (2) 雅楽語。 (3) 能の囃子事 (器楽的演奏) の曲名。舞楽を擬した舞。黄鐘楽 (おうしきがく) と盤渉楽 (ばんしきがく) とがあり,単に楽といえば前者をいう。 (4) 能・狂言囃子事。能の黄鐘楽を簡略化したもの。 (5) 歌舞伎囃子の曲名。能の囃子の「楽」を模したもの。長唄曲の出囃子などに用いられる。また,陰囃子の「音楽」の略称。 (6) 三味線音楽の旋律名称。雅楽風の感じを出す旋律。歌舞伎下座音楽としては「楽の合方」または「今様楽の合方」「小町合方」などともいい,「音楽」または「管弦 (かげん) 」「奏楽」などの陰囃子を伴う。長唄曲の同様の旋律による間奏部分名称にも用いる。 (7) 山田流箏曲の旋律。雅楽の箏の奏法に近い奏法で,雅楽的な気分を表現する特有な旋律。本手と楽の手との合奏となる。 (8) 民俗芸能では,太鼓または太鼓を打つことを中心とした芸能すなわち「楽打ち」のこと。田楽の略語にも用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がく【楽】
楽器を用いた快い音曲。音楽。「妙(たえ)なるの音(ね)」
特に、雅楽
舞事(まいごと)の一。舞楽の感じを表す、ゆったりとした異国風の舞。唐人仙人などが舞う。また、笛を主にしたその囃子(はやし)。
狂言舞事の一。3をまねたもの。
歌舞伎下座音楽の一。太鼓を主に、大鼓小鼓能管、あるいは大太鼓と鈴を配し、ふつう三味線を伴う。王朝物の御殿の場や、神仏出現の場などに用いる。
民俗芸能の一。太鼓踊りの一種で、大分・福岡・山口の各県に分布。楽打ち。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がく【楽〔樂〕】[漢字項目]
[音]ガク(呉)(漢) ラク(呉)(漢) [訓]たのしい たのしむ
学習漢字]2年
〈ガク〉音を組み立てた調べ。音楽。「楽器楽章楽団楽譜楽屋雅楽器楽声楽奏楽能楽舞楽邦楽洋楽室内楽
〈ラク〉
たのしむ。たのしい。「楽園安楽逸楽快楽享楽苦楽娯楽行楽後楽極楽道楽
たやすい。「楽観楽勝楽楽気楽
「千秋楽」の略。「楽日(らくび)
[名のり]ささ・もと・よし
[難読]神楽(かぐら)楽府(がふ)独楽(こま)催馬楽(さいばら)・楽車(だんじり)・伯楽(ばくろう)貝独楽(ばいごま)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らく【楽】
[名・形動]
心身に苦痛などがなく、快く安らかなこと。また、そのさま。「気が―になる」「―な姿勢」「どうぞお―に」
生計が豊かなこと。また、そのさま。「不動産収入で―な暮らしをする」
たやすいこと。簡単なこと。また、そのさま。「―な計算問題」「―に勝てる相手」
[名]
千秋楽(せんしゅうらく)」の略。「今日で―を迎える」
楽焼き」の略。
[アクセント]はラク。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らく【楽】[漢字項目]
がく

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

キリンビールが販売する連続式蒸留焼酎(甲類焼酎)の商品名。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がく【楽】
中国古代に礼と並んで重要視された概念で,人心を感化するはたらきをもつとされた。やがて今日の音楽に近い意味で用いられた。日本では,外来の音楽,あるいは雅楽の意味で用いられた。能・狂言の囃子事や歌舞伎の下座(げざ)音楽で用いられる場合は,下記のように唐楽を模した音楽を意味する。 (1)能の囃子事。唐人(《邯鄲》《唐船》)や異相老体の神(《源太夫》《白髭》),童体天仙(《一角仙人》《枕慈童》)などが,雅楽の舞楽を模して舞う舞事

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がく【楽】
音楽。 「 -の音
雅楽。
舞楽に擬した能の舞。唐団扇とううちわの類を持った神・仙人・唐人などが舞う異国風の舞。「菊慈童」「邯鄲かんたん」「富士太鼓」などにある。
狂言の囃子事はやしごとの一。唐人の舞で、能の楽を崩したもの。
下座音楽の一。宮殿の場面や高貴な人物・神仏の出現などに奏する。
民俗芸能で、太鼓を打つ芸を主体とした芸能の称。宮崎の臼太鼓踊りなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らく【楽】
[2] ( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
身も心もやすらかな・こと(さま)。安楽。 「 -隠居」
ゆっくりくつろぐこと。身も心もゆったりしていること。また、そのさま。 「気が-になる」 「 -な気持ちで試験を受ける」 〔「どうぞお楽に(なさってください)」などの形で、緊張している相手に対する配慮を表したり、「姿勢(正座)をくずして下さい」という意で用いたりすることもある〕
経済的にゆたかな・こと(さま)。 「 -な暮らし」
簡単でやさしいこと。苦労しないこと。また、そのさま。 「旅行が-になりました」 「この程度の問題なら-なものさ」 〔「楽に」の形で副詞的にも用いる。「夏なら-に登れる」〕
[1] ( 名 )
〔「千秋楽」の略〕 興行の終わり。転じて、物事の終わり。 「大相撲もいよいよ-を迎えた」 「先生、もう鬼ごつこも-にしやせう/当世書生気質 逍遥
「楽焼らくやき」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がく【楽】
〘名〙
① 楽器を用いて音曲を奏するもの。儀式に用いられる音楽や楽曲。
※続日本紀‐和銅元年(708)一一月辛巳「宴五位以上于内殿、奏諸方楽於庭
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「がくの声まさり、物のおもしろきほどに」
② 特に、雅楽。したがって、雅楽の琵琶(びわ)を楽琵琶、箏(そう)を楽箏、太鼓を楽太鼓という。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「垣下(ゑが)には行正(ゆきまさ)、がくには仲頼(なかより)、そこらのあそび人どもにます人なくあそぶ」
③ 能楽で、笛を中心としたはやしに、舞楽の技法を取り入れた舞事で、ゆったりとした異国的な舞を伴う。「唐船(からふね)」「邯鄲(かんたん)」「東方朔(とうぼうさく)」などの曲にある。
※虎明本狂言・唐相撲(室町末‐近世初)「それからいしゃうぬぐうちに、がくなり」
④ 箏、三味線などで、雅楽の感じを出すために雅楽の手法を取り入れた合の手。箏曲「小督(こごう)」や長唄「鶴亀」の合の手の類。
⑤ 歌舞伎の下座音楽の一つ。太鼓に大小鼓、能管、または大太鼓、鈴を用い、三味線を入れたりして、時代物の御殿、神社、仏閣の場や天女、不動、観音などの出現の場などに用いる。
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)三立「『ナニ、高明卿の』『御社参とな』『女め、動くな』トきっと思ひ入れ。三味線入りの楽(ガク)になり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がく‐・す【楽】
〘自サ変〙 音楽を演奏する。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「西の方の錦の平張よりおほつづみ打ちて、しづかにやうやうがくしいづ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たぬし【楽】
〘形シク〙 (万葉仮名で、現在、「の」の甲類とされている「怒」「努」などを、近世の万葉学で「ぬ」と読んだところからできた歌語) =たのしい(楽)
※良寛歌(1835頃)「子供らと手たづさはりて春のぬに若菜を摘むはたぬしくあるかも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たのし【楽】
〘形シク〙 ⇒たのしい(楽)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たのし・い【楽】
〘形口〙 たのし 〘形シク〙 ある状態や持続的行為によって欲望・願望などが満たされ、快いさま。
① 精神的・身体的に満ち足りて快適である。愉快である。
※古事記(712)下・歌謡「山県に蒔ける菘菜(あをな)も吉備人と共にし摘めば多怒斯久(タノシク)もあるか」
※地蔵十輪経元慶七年点(883)四「苦(たしな)きを息(しの)び身心楽(タノ)しくならむといふ」
② 物質的に満たされて豊かであるさま。裕福である。金持である。
※今昔(1120頃か)二九「其の後は蔵の物をも取り仕(つか)ひ近江の所をも知て、楽しくてぞ有ける」
※平松家本平家(13C前)一「月の毎に百穀百貫を送られければ家内富貴して楽き事限り無し」
③ 作物などが豊富である。
※大鏡(12C前)五「まめ・ささげ・うり・なすびといふもの、〈略〉このとしごろは、いとこそたのしけれ」
[語誌](1)上代には、①の精神的な快楽や満腹感を表わす用例が目立つ。院政期より②の物質的に裕福である意が現われ、中世にはさらに金銭的に満たされるの意味ともなり、「まづし」の対語として用いられている。
(2)快い気持を表わす点では「うれしい」と共通するが、「うれしい」が、主にその場における直接の反応を示す表現であるのに対して、「たのしい」は、主にそういう気持の持続するさまを表わす。
たのし‐が・る
〘自ラ五(四)〙
たのし‐げ
〘形動〙
たのし‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たのしび【楽】
〘名〙 (動詞「たのしぶ(楽)」の連用形の名詞化) =たのしみ(楽)
書紀(720)武烈四年四月(図書寮本訓)「樹の本を(きりたふ)して、昇れる者を落死(おとしころ)すを、快(タノシヒ)とす」
※古今(905‐914)仮名序「たとひ時うつり、ことさり、たのしびかなしびゆきかふとも、このうたのもじあるをや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たのし‐・ぶ【楽】
〘自バ四〙 =たのしむ(楽)
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一〇「倶に林の中に往きて共に遊び賞(タノシヒ)けり」
※徒然草(1331頃)一二九「おとなしき人の、喜び、怒り、悲しび、たのしぶも、皆虚妄なれども」
[補注]一般に、上代では形容詞の動詞化したものはバ行上二段に活用することが多いが、「たのしぶ」には、その確例がない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たのしみ【楽】
〘名〙 (動詞「たのしむ(楽)」の連用形の名詞化)
① 心身が満たされて、快いこと。また、そのような状態。悦楽。歓楽。
※観智院本三宝絵(984)下「願ふ心はねてもさめてもかの国の楽みをねがふなり」
② 将来それが実現することを心待ちにすること。
※浄瑠璃・絵本太功記(1799)一〇日「遖(あっぱ)れ高名手柄して。父上や祖母様に誉めらるるのが楽しみと、にっと笑うた其顔が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たのし‐・む【楽】
(形容詞「たのしい」の動詞化)
[1] 〘自マ五(四)〙 欲望・願望などが満たされた状態になる。
① 心が満ち足りて安らぐ。楽しく思う。
※書紀(720)雄略四年二月(図書寮本訓)「遂に与に遊田(かり)に盤(タノシム)て一の鹿を逐(お)ひて」
② 経済的に、裕福になる。
※高野本平家(13C前)一「毎月におくられたりける百石百貫をもいまはとどめられて、仏御前が所縁(ゆかり)の者共ぞ、始めて楽(タノシ)み栄えける」
[2] 〘他マ五(四)〙
① (多く「…をたのしむ」の形で) …の中に、あるいはその状態において、心の満足を感じる。
※発心集(1216頃か)序「道のほとりのあだ言の中に我一念の発心を楽(タノシム)ばかりにやといへり」
② ある持続的な行為によって、心を快適にする。また、満足しながら、ある行為をする。
※歌舞伎・助六廓夜桜(1779)「助六と揚巻さまは、今に仲がよう楽しまれますか」
③ 将来に期待をかけることによって、心を希望で満たす。
※和英語林集成(初版)(1867)「Tanoshinde(タノシンデ) マツ」
[3] 〘他マ下二〙 たのしませる。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)二「ひろく衆生を饒益(ネウヤク)(〈注〉タノシメ)したまふをみて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らく【楽】
〘名〙
① (形動) 心身に苦しみや苦労がなく、齷齪(あくせく)せず安らかでたのしいこと。快いこと。また、そのさま。安楽。
※百座法談(1110)六月一九日「其後に人いできたりて、我が身より光をはなちて、たがひにてらして楽(ラク)をうる事、天におなじく命ち長き事、無量歳なりき」
② 好むこと。愛すること。
※徒然草(1331頃)二四二「楽といふは、このみ愛する事なり。これを求むることやむ時なし」
③ (形動) たやすいこと。容易なこと。あるいは、生計が豊かなこと。また、そのさま。
※詞葉新雅(1792)「ラクナ やすき」
※交易問答(1869)〈加藤弘之〉上「僅半時か一時の間に楽に搗く事も出来るし」
④ 「らくやき(楽焼)」の略。
※源流茶話(1715‐16頃か)上「茶碗にはふくりんなし。〈略〉和焼には瀬戸・白菴・唐津・楽の類なり」
⑤ (「千秋楽(せんしゅうらく)」の略) 芝居などの千秋楽のこと。転じて、物事の終わり。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「先生、もう鬼ごっこも終局(ラク)にしやせう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楽の関連情報

他サービスで検索

「楽」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.