Rakuten infoseek

辞書

楽音【がくおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

楽音
がくおん
純音」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がく‐おん【楽音】
音楽の素材になる振動一定周期をもち、その高さを明瞭に判別できる音。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がくおん【楽音】
音楽を構成する素材としての音。
ある時間継続した一定の振動数をもち、その振動数(音の高さ)が認識できる音。音叉や管楽器・弦楽器の出す音。 ⇔ 非楽音

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がく‐おん【楽音】
〘名〙
① 楽器の音。音楽。奏楽。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)「楽音猶奏之」
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「両国の旗を交叉にかけ、華盛頓(ワシントン)氏の画像を掲げ、食饌豊美に、楽音逓(たがい)に奏す」 〔史記‐楽書〕
② 楽器の音のように定まった音の高さの感覚を与える音で、一定の周期をもって振動がある時間継続して起こるような音。高さ、強さ、音色など耳で識別される三要素をもつ。⇔噪音(そうおん)
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉五「楽音(ガクオン)を作るが如き」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楽音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楽音の関連情報

他サービスで検索

「楽音」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.