Rakuten infoseek

辞書

楽道入【らく どうにゅう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

楽道入 らく-どうにゅう
1599-1656 江戸時代前期の陶工。
慶長4年生まれ。楽常慶(じょうけい)の長男。京都の楽家3代で,楽家歴代中の名工千宗旦(そうたん)から「ノンカウ」銘の竹花入れをおくられ愛用したことから「のんこう」ともよばれる。本阿弥光悦(ほんあみ-こうえつ)と親交があった。銘印は「自楽印」とよばれる。明暦2年2月23日死去。58歳。本姓は田中。通称は吉左衛門。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

楽道入」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楽道入の関連情報

関連キーワード

ホイヘンスマーストンナンダ・バインマーストンガリレイ(年譜)道入報恩寺道入道入

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.