Rakuten infoseek

辞書

楽節【がくせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

楽節
がくせつ
phrase
音楽用語。楽式構造上,完結性をもつ最小単位の小節群で,旋律あるいは主題の基礎をつくる。一般的に,8小節から成るものを大楽節と呼び,大楽節は前後4小節ずつの小楽節に分割され,それぞれ前楽節,後楽節といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がく‐せつ【楽節】
楽曲構成の基礎をなす、まとまりのある小節群。通常、8または4小節からなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がくせつ【楽節】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がくせつ【楽節】
旋律構造上、あるまとまりをもった単位。大きな単位である大楽節または楽段は、通常二個の小楽節または楽句から成り、完結性をもつ。小楽節は多く二小節から成る動機二つで構成される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

楽節
がくせつ
Satzドイツ語
sentence英語
音楽用語。音楽形式においてまとまりのある最小単位を動機といい、多くの場合、この動機が二つ組み合わされて小楽節(楽句)がつくられ、さらに二つの小楽節で大楽節(楽)が形成される。普通、動機は2小節でできており、したがって小楽節は4小節、大楽節は8小節となることがもっとも多い。二つの小楽節が連なって大楽節となったとき、前の小楽節は前楽節、後の小楽節は後楽節といわれる。前楽節の終止は半終止か不完全終止、後楽節の終止は完全終止となり、大楽節はそれ自身で完結性をもつ。なお楽節は、こういった楽式に関する用語としてだけでなく、「四声楽節」「多声楽節」などのように、作曲様式を示す用語としても使われることがある。[黒坂俊昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がく‐せつ【楽節】
〘名〙 楽曲でひとつのまとまった楽想を表現する単位。〔音楽字典(1909)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楽節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楽節の関連情報

他サービスで検索

「楽節」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.