Rakuten infoseek

辞書

楽琵琶【がくびわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

楽琵琶
がくびわ
合奏に使われるリュート属の弦鳴楽器雅楽琵琶ともいう。全長3尺5寸 (約 106cm) 。曲頸で,他の琵琶に比べ大型であるが,頸部が短い。44柱。日本には8世紀初め,中国より他の雅楽器とともに伝来した。遣唐使藤原貞敏が独奏曲も伝えたといわれるが,すでに失われ,今日では管弦合奏にのみ用いられている。旋律を弾くのではなく,もっぱら拍子をとるように (ばち) でかき鳴らし,分散和音風に奏される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がく‐びわ〔‐ビハ〕【楽××琶】
雅楽器の一。各種の琵琶の中では最も大きく、水平に構えて演奏する。弦は4本。管弦合奏と催馬楽(さいばら)の伴奏に使う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がくびわ【楽琵琶】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がくびわ【楽琵琶】
雅楽器の一。琵琶の中では最も大形で、四弦四柱。膝の上で水平に構えて弾く。管弦合奏に用いられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

楽琵琶
がくびわ
雅楽用の琵琶。正しくは雅楽琵琶。リュート属の弦鳴楽器で、イランに発し、南アジアを経て、奈良時代以前に中国から伝来したものと思われる。当時使用され、りっぱに装飾されたものが正倉院に現存する。西洋ナシの形と、曲頸(きょっけい)の点でアラビアのウードに似ているので、共通の起源をもつと考えることができる。
 後世の他の琵琶類より大きいが、頸部は短く、全長は106センチメートル(=3尺5寸。そのためこの楽器を「三五(さんご)」ともいう)。撥(ばち)はツゲ製で薄くて軽い。弦は絹製で4本、低い柱は4個あり、乗弦のところで弦が一つに寄せられているのが特徴。調弦法は各調によって異なり、現在は六調を用いる。雅楽の管絃(かんげん)合奏では主としてリズムを確立し、分散和音を奏する。音取(ねとり)や止め手の場合には、一つ撥(単音)のみを用いて短い旋律を奏する。平安時代にあった独奏曲の伝統はとだえたが近年復原が試みられている。「巌(いわお)」「神女(しんにょ)」(平安時代)などの銘をもつ名器が伝えられている。[シルヴァン・ギニアール]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がく‐びわ ‥ビハ【楽琵琶】
〘名〙 雅楽に用いる琵琶。四弦四柱()で琵琶の中では最も大きい。曲により、調法を変える。七世紀の末頃、他の雅楽器とともに中国から伝来したといわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楽琵琶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楽琵琶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.