Rakuten infoseek

辞書

楽想【がくそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

楽想
がくそう
musikalische Gedanken
音楽創造の過程において,作曲者の心に起る音楽感興。単に漠然とした曲全体の雰囲気である場合もあり,またありありと旋律の部分あるいは全体が浮ぶ場合もある。その内容,長短,完結度は個人によって異なる。ベートーベンの場合は,まず主題的な断片が浮び,それを慎重に処理構成していったといわれ,またモーツァルトは,曲全体を聞くことができたという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がく‐そう〔‐サウ〕【楽想】
音楽で表現しようとする作曲者の意図楽曲の主題、また構想

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がくそう【楽想】
楽曲の構想。 -がわく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がく‐そう ‥サウ【楽想】
〘名〙 作曲者が楽曲に表わしたいと思う音楽上の主題やイメージ。楽曲の構想。〔音楽字典(1909)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楽想」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楽想の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.