Rakuten infoseek

辞書

極端【キョクタン】

デジタル大辞泉

きょく‐たん【極端】
[名・形動]
普通の程度から大きく外れていること。一方にはなはだしくかたよっていること。また、そのさま。「議論が極端から極端へ走る」「極端な言い方」
もののいちばんはし。
[派生]きょくたんさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きょくたん【極端】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
はなはだしく一方にかたよっていること。常識などから非常にはずれていること。また、そのさま。 「 -な意見」 「 -な言い方」 「爬虫類を-に嫌う」
ものの一番はし。極限。 「 -から-へ走る」
[派生] -さ ( 名 )

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょく‐たん【極端】
〘名〙
① 物のいちばんはし。はしのはし。
※亜非利加内地三十五日間空中旅行(1883‐84)〈井上勤訳〉五「久しからずして此の旅行者が探究したる極端(キョクタン)に達することを得ん」
② それが限度で余地のない状況。極限。
※東京日日新聞‐明治九年(1876)一一月一三日「かの賊徒が太だ天理に背き人道に戻るの極端に達したるを」
③ (形動) 非常にかたよること。中正を失うこと。普通の程度をはずれること。また、そのさま。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉九「極端に言へば、若しシェエクスピイアのやうな作が新しく出たら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極端」の用語解説はコトバンクが提供しています。

極端の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.