Rakuten infoseek

辞書

極楽とんぼ【ごくらくとんぼ】

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

ごくらくとんぼ【極楽とんぼ】
兵庫の日本酒。蔵元は「田中酒造」。現在は廃業は小野市住吉町にあった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごくらくとんぼ【極楽とんぼ/極楽トンボ】[書名]
(極楽とんぼ)里見弴の中編小説。昭和36年(1961)1月、「中央公論」誌に発表。同年刊行。
(極楽トンボ)青島幸男の自伝的小説。昭和57年(1982)刊。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

極楽とんぼ
ごくらくとんぼ
里見(とん)の中編小説。1961年(昭和36)1月『中央公論』に発表、同年5月中央公論社刊。薩摩(さつま)藩の貧乏士族から身をたてた吉井市蔵の子で、「明治十八、乙酉(おつゆう)の年六月十日に生を享(う)けた三男・周三郎を主人公とする稗史(はいし)」とある。生来の「独(ひとり)よがりののほゝん性」から、遊蕩(ゆうとう)のうちに75歳の生涯を終えた主人公の「極楽とんぼ」ぶりを中心に、作者の実家である有島一族をも思わせる大家族の人間模様を、闊達(かったつ)自在な文体で悠々と描く。清濁あわせ呑(の)むおおらかな世間智(ち)に富み、円熟の境地を示して高い世評を得た晩年の秀作。[宗像和重]
『『現代日本文学大系37 里見・久保田万太郎集』(1972・筑摩書房) ▽『極楽とんぼ』(1983・福武書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極楽とんぼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

極楽とんぼの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.