Rakuten infoseek

辞書

極(め)札【キワメフダ】

デジタル大辞泉

きわめ‐ふだ〔きはめ‐〕【極(め)札】
短冊形の札に記した、刀剣・書画などの鑑定書。折り紙。極め書き

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きわめふだ【極札】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きめ‐ふだ【極札】
〘名〙 書画、刀剣などの鑑定書。短冊形の小さな札に、鑑定の結果をしるしたもの。
※浮世草子・本朝藤陰比事(1709)六「極め札を望みければ、もとより正真の雪舟なれば札を出し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きわめ‐ふだ きはめ‥【極札】
〘名〙 書画、古道具、刀剣などを鑑定して、それが確かなものであることを証明したもの。短冊(たんざく)形の小札に書きしるすのが普通であった。「極札がつく」などの形で、そのものが確かでまちがいのないものであることをいうのにも用いられる。鑑定書。折紙。極書き。
※湯武論(1718)「『殷有三仁焉』と孔子のきはめ札を出して置れたれば」
[補注]その形式は様々で、題名と筆者と鑑定者の署名および印章を記した小紙片を巻軸に貼付したもの、巻軸に貼らずに別に保存したもの(外題札)、外題より複雑な本文を書いて二つ折りにしたもの(折紙添状)、作品の画面や巻末に書き込んだもの(紙中極、奥書)、箱の表裏に書き込んだもの(箱書付、箱書)などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極(め)札」の用語解説はコトバンクが提供しています。

極(め)札の関連情報

他サービスで検索

「極(め)札」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.