Rakuten infoseek

辞書

極彩色【ゴクサイシキ】

デジタル大辞泉

ごく‐さいしき【極彩色】
種々の鮮やかな色を用いた濃密な彩り。また、派手でけばけばしい色彩。
派手な服装や厚化粧。
「何時(いつ)よりは―のただ京人形を見るように思われて」〈一葉たけくらべ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごくさいしき【極彩色】
鮮やかな色を何色も使ってあること。また、人目を引くけばけばしい彩り。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごく‐さいしき【極彩色】
〘名〙 (「ごくざいしき」とも)
① 日本画の技法の一つ。濃厚な絵の具を用い、何回も重ね塗りすること。また、一般に濃くはでな色彩。濃彩。ごくしき。
※守矢文書‐天正一〇年(1582)八月一七日・神長官信真状「京奈良之仏師を招下、極さい色にらんかん、きほうし、祗候之会廊」
② ごてごてと塗った化粧。または、はでな服装。厚化粧。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻五「一生の極さいしきはよめりの日」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

極彩色
(通称)
ごくさいしき
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
極彩色娘扇
初演
宝暦11.12(大坂・三桝座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極彩色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

極彩色の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.