Rakuten infoseek

辞書

極度【キョクド】

デジタル大辞泉

きょく‐ど【極度】
[名・形動]
物事の程度の限界のところ。極限。
「此孔雀の舌の料理は…豪奢風流の―と」〈漱石吾輩は猫である
程度のはなはだしいこと。また、そのさま。「極度に緊張する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きょくど【極度】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
程度のはなはだしい・こと(さま)。 「 -に困窮する」 「 -の疲労」
物事の程度がそれ以上にならないところ・程度。極限。 「人心の品位にも亦-ある可らず/文明論之概略 諭吉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょく‐ど【極度】
〘名〙
① 物事の程度が、それ以上にはならない限界のところ。また、その程度。極端。極限。かぎり。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「応援不便なれども随て勝ち随て迫り十五日は其極度に至れり」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「此孔雀の舌の料理は〈略〉豪奢風流の極度」
② (形動) 程度のはなはだしいこと。また、そのさま。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一九「道義の観念が極度(キョクド)に衰へて」
※抒情小曲集(1918)〈室生犀星〉自序「極度に人懐こい、もの恋しげな心を不断に有ってゐた私は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

極度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.