Rakuten infoseek

辞書

【ごう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ごう
karman
サンスクリット語で,本来の意味は行為であるが,仏教では特に身,口,意が行なった行為ならびにその行為が存続して果報をもたらす力という意味に用いられる。また身体と口と心によって行なった行為を身口意三業 (さんごう) と呼び,さらに個人の業である不共業 (ふぐうごう) ,社会全体の業である共業 (ぐうごう) をも説いている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎょう〔ゲフ〕【業】
なすべきこと。仕事。わざ。「畢生(ひっせい)の
暮らしの手だて。生業。職業。「家のを継ぐ」「菓子の販売をとする」
学問。技芸。「を修める」
「実業界」「業界人」の略。「政官

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎょう【業】[漢字項目]
[音]ギョウ(ゲフ)(漢) ゴウ(ゴフ)(呉) [訓]わざ
学習漢字]3年
〈ギョウ〉
苦労してなしとげる事柄。「業績偉業学業功業事業実業授業修業所業卒業大業覇業
生活のために行う仕事。「業界業者業務営業家業稼業休業兼業作業産業残業失業就業商業職業生業操業農業廃業副業分業夜業
やしき。「別業
〈ゴウ〉
報いを招く前世の行い。「業苦業報悪業因業罪業宿業善業非業自業自得
怒りの心。「業腹(ごうはら)
〈わざ〉「業師業物神業軽業仕業力業手業寝業早業
[名のり]おき・かず・くに・なり・のぶ・のり・はじめ・ふさ
[難読]業平(なりひら)生業(なりわい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう〔ゴフ〕【業】
《〈梵〉karmanの訳》
仏語。人間の身・口・意によって行われる善悪の行為。
前世の善悪の行為によって現世で受ける報い。「が深い」「をさらす」「を滅する」
理性によって制御できない心の働き。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なり【業】
生活のための仕事。生業。なりわい。
「ひさかたの天路(あまぢ)は遠しなほなほに家に帰りて―をしまさに」〈・八〇一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わざ【業】
おこない。行為。所業。しわざ。「神のみ」「人間
職業。仕事。「物書きをとする」
こと。ありさま。おもむき。「容易なではない」「腹ふくるる
仏事。法要。
「安祥寺にてみ―しけり」〈伊勢・七七〉
たたり。害。
「―をするものはだますといふほどに」〈虎明狂・附子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごう【業】
行為を意味するサンスクリットのカルマンkarmanの漢訳語。善人も悪人も死んでしまえばみな同じだというのは不公平だという考えをもとに,インドではブラーフマナ文献あたりから因果応報思想が見え始める。それがウパニシャッド文献では,輪廻思想の成立とともに急速に理論化されるにいたった。行為は,身体的な行為(身業),語るという行為(口業),思うという行為(意業)に分類されるが,それらの行為はその場かぎりで消えるのではなく,不可見のいわば潜勢体(功徳罪障,法と非法)として行為の主体につきまとう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎょう【業】
仕事。業務。職業。 「代々医を-とする」
学問や技能を身につけようとすること。勉強。 「 -を修める」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう【業】
〘仏〙 〔 karman〕 身体・言語・心による人間の働き・行為。行為は必ずその結果をもたらし、また現在の事態は必ずそれを生む行為を過去に持っているとする思想は、インド思想に広く見られる。カルマ。羯磨かつま。 ⇔ 果報
人が担っている運命や制約。主に悪運をいう。 「 -が深い」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なり【業】
暮らしをたてるための仕事。生業。なりわい。 「荒雄らは妻子めこの-をば思はずろ/万葉集 3865

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わざ【業】
なんらかの意図をもってなしたこと。また、その行為。おこない。振る舞い。 「妄想のなせる-」 「凡人のなしうる-ではない」 「神-」
務めとしてすること。習慣となっている行為。仕事。 「裁ち縫いの-に励む」 「まどろまであはれいく夜になりぬらむただ雁がねを聞く-にして/和泉式部日記」 「人の物を盗み取るを以て-とす/今昔 12
ありさま。事情。事の次第。 「この影のやうにや痩せて侍る、あはれなる-かな/源氏 須磨」 「人に越えられからい目見る事は、さのみこそおはしある-なるを/大鏡 為光
方法。手立て。手段。 「夢のさとしありければ、ちがふる-もがなとて/蜻蛉 」 「風をふせく便りもなく雨をもらさぬ-もなし/平家 9
重大な意味のこめられている行為や行事。 「 - (=出産)をしつるともおぼされず/宇津保 蔵開上」 「御-(=仏事)のことなどいそがせ給ふころ/大和 97」 「五穀に-(=災)もなさず/仮名草子・伊曽保物語」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


ごう
サンスクリット語のカルマンkarmanの訳語。もともとクルk(為(な)す)という動詞からつくられた名詞であり、したがって行為を示す。しかし一つの行為は、原因がなければおこらないし、また、いったんおこった行為は、かならずなにかの結果を残し、さらにその結果は次の行為に大きく影響する。その原因・行為・結果・影響(この系列はどこまでも続く)を総称して、業という。それはまず素朴な形で、いわゆる輪廻(りんね)思想とともに、インド哲学の初期ウパニシャッド思想に生まれ、のち仏教にも取り入れられて、人間の行為を律し、また生あるものの輪廻の軸となる重要な術語となった。すなわち、善因善果・悪因悪果、さらには善因楽果・悪因苦果の系列は業によって支えられ、人格の向上はもとより、悟りも業が導くとされ、さらに業の届く範囲はいっそう拡大されて、前世から来世にまで延長された。しかしわれわれは、現在の行為の責任を将来自ら引き受ける、という意味に考えてよいであろう。確かに行為そのものは無常であり、永続することはありえないけれども、いったんなした行為は消すことができず、ここに一種の「非連続の連続」があって、それを業が担うところから、「不失法」と術語される例もある。なお仏教では、身(しん)・口(く)・意(い)の三業といい、身体とことばと心とはつねに一致して行為に現れる、とした。また初期の仏教は、業をもっぱら個人の行為に直結しているが、やがては社会的に拡大して多くの個人が共有する業を考えるようになって、これを共(ぐう)業とよび、個人ひとりのものは不共業と名づける。また身・口・意の三業はきわめて多岐にわたり複雑を極めるので、仏教の教理の進展や確立とともに、業の分析が盛んに行われて、それに基づく詳細で精密な業説が、いわゆる仏教哲学の中心問題の一つを占める。[三枝充悳]
『舟橋一哉著『業の研究』(1954・法蔵館) ▽大谷大学仏教学会編『業思想の研究』(1975・文栄堂書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょう ゲフ【業】
〘名〙
① やるべきこと。しごと。事業。
※今昔(1120頃か)一〇「三日を不過ず、常に相互に行き会て、酒を呑むを以て業とす」
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)二「且(しばら)く存命(ぞんみゃう)の間、業を修し学を好まんには」 〔書経‐周官〕
② 暮らして行くための仕事。なりわい。職業。
※今昔(1120頃か)二〇「釣を業とする者在り」 〔春秋左伝‐昭公元年〕
学問。学業。技芸。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「既にして医科の業を卒(お)へければ」 〔易経‐乾卦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごう ゴフ【業】
〘名〙 (karman の訳語)
仏語。意志による身心の活動、行為。一般に身・口・意の三業に分ける。また、身・口の二業に、他に示すことのできる表業と他に示すことのできない無表業の二つを分ける。善心による善業、悪心による悪業、善悪いずれでもない無記業の三業に分けることもある。カルマ。
※百座法談(1110)閏七月一一日「百年の間(あひだ)なせるところの三途の業いくそばくぞ」
不動智神妙録(1638頃)石火之機「善し悪しともに、心の業にて候へども」 〔勝鬘経‐摂受章〕
前世の善悪の行為によって、現世においてうける応報。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「ごうにやあらざりけむ。御病おこたりぬ」
③ 特に悪業、罪業をいう。
霊異記(810‐824)中「我が重き病を得しは、殺生の業に由るが故に」
④ 「ごうはら(業腹)」の略。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なり【業】
〘名〙 (動詞「なる(業)」の連用形の名詞化) 暮らしのための仕事。生業。なりわい。
※万葉(8C後)五・八〇一「ひさかたの天路は遠しなほなほに家に帰りて奈利(ナリ)を為まさに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

な・る【業】
〘自ラ四〙 (「なる(成)」と同語源か) 生活のために働く。生計をたてる。
※万葉(8C後)二〇・四三六四「防人(さきむり)に発たむ騒きに家の妹(いむ)が奈流(ナル)べき事を言はず来ぬかも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

業の関連情報

他サービスで検索

「業」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.