Rakuten infoseek

辞書

業務上過失【ギョウムジョウカシツ】

デジタル大辞泉

ぎょうむじょう‐かしつ〔ゲフムジヤウクワシツ〕【業務上過失】
社会生活において、他人の生命や身体に危害を加えるおそれのある行為を反復・継続して行う際に、必要とされる注意を怠ること。業務上過失致死傷罪は、一般の過失致傷罪・過失致死罪よりも重く罰せられる。
[補説]この場合の業務とは、職業上の活動に限らず、娯楽のための個人的な活動なども含まれる。→業務2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎょうむじょうかしつ【業務上過失】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎょうむじょうかしつ【業務上過失】
社会生活上、ある活動を反復・継続して行う際に、必要な注意を怠ること。業務上過失犯は、一般の過失犯に比べ刑が加重される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

業務上過失
ぎょうむじょうかしつ
社会生活においてある危険な活動を反覆・継続して行うにあたり必要とされる注意を怠ること。現行刑法には、過失致死傷罪のなかに、通常の過失の加重類型として、業務上過失、重大な過失のほか、2007年(平成19)に追加された自動車運転上過失がある(刑法211条1項、2項)。また、失火罪についても、通常の過失に加えて、加重類型として、業務上失火と重失火の規定がある(刑法117条の2)。過失致死傷事件については、交通事犯の多さから、かつては、その圧倒的部分を業務上過失による場合が占めていたが、自動車運転上過失の追加以降は、自動車運転過失致死傷罪によって処理されることとなった。
 ここに「業務」とは、社会生活上反覆・継続して行う活動を意味する。まず、業務は社会生活上の活動でなければならないから、たとえば家庭で日常的に行う家事などは私生活上のものであり、これには該当しない。したがって、炊事を行うに際し火を失しても業務上失火罪にはあたらない。また、業務は反覆または継続して行うことを要するから、いかに危険性の高い活動であっても、反覆継続性がなければ、これにあたらない(ただし、現に反覆継続していなくても、反覆継続しようとする意思があれば、これにあたるとした裁判例がある)。なお、これらの要件を満たす限り業務といえるから、この業務が適法か違法かを問わないし、文字どおり職業に伴う活動(仕事)として行われることを要しない。[名和鐵郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎょうむじょう‐かしつ ゲフムジャウクヮシツ【業務上過失】
〘名〙 一定の業務についている者が、その業務上必要とされる注意を怠ること。この結果、人を死傷させたりしたときは一般の過失による場合より刑が重くなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

業務上過失」の用語解説はコトバンクが提供しています。

業務上過失の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.