Rakuten infoseek

辞書

楫取素彦【かとりもとひこ】

防府市歴史用語集

楫取素彦
萩出身の志士。野村望東尼[のむらもとに]を山口の自宅に滞在させたり、明治26年に望東尼の墓を桑山に建てるのに力を尽くしています。晩年は防府で暮らし、亡くなりました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

楫取素彦 かとり-もとひこ
1829-1912 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政12年3月15日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい)に師事。第2次幕長戦争では宍戸璣(ししど-たまき)に随行して広島にいき,幕府側との交渉にあたった。明治5年足柄県参事となり,熊谷・群馬の県令,元老院議官などを歴任。貴族院議員。大正元年8月14日死去。84歳。本姓は松島。初名は希哲。字(あざな)は士毅。通称は伊之助など。号は耕堂。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

楫取素彦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楫取素彦の関連情報

他サービスで検索

「楫取素彦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.