Rakuten infoseek

辞書

楝色【おうちいろ】

色名がわかる辞典

おうちいろ【楝色】
色名の一つ。樗色とも書く。淡く、ややみがかった色。「おうち」はセンダン科センダンの古名で、初夏に淡い紫色の花を咲かせることから、この名がついた。藤色よりは濃く、菖蒲しょうぶに近い。紫が至上であった平安時代の文学作品などにも登場する。かさね色目いろめの名でもあり、表は薄い紫、裏は青。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楝色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楝色の関連情報

他サービスで検索

「楝色」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.