Rakuten infoseek

辞書

楚囚之詩【そしゅうのし】

大辞林 第三版

そしゅうのし【楚囚之詩】
自由律の長詩。北村透谷作。1889年(明治22)刊。政治犯として獄中にある「余」の孤独な思念を歌い、自由民権運動挫折後の透谷の内面的葛藤を投影した代表作。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そしゅうのし〔ソシウのシ〕【楚囚之詩】
北村透谷の長編叙事詩。明治22年(1889)に自費出版大日本帝国憲法発布に伴い、自由民権運動の活動家らが大赦で出獄したことを受け、国事犯獄中の苦しみをうたったもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そしゅうのし ソシウ‥【楚囚之詩】
詩集。北村透谷作。明治二二年(一八八九)刊。獄中の自由民権運動家の苦悩をうたった自由律長詩。作者の処女作で、バイロンの「シオンの囚人」の影響とともに、民権運動とのかかわりや内面の葛藤が反映されている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楚囚之詩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

楚囚之詩の関連情報

関連キーワード

森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼宇治

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.