Rakuten infoseek

辞書

椹野川【ふしのがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

椹野川
ふしのがわ
山口県中央部を南流して,山口市小郡の市街南方で周防灘の山口湾に注ぐ川。全長 24.9km。山口盆地支流の仁保川,一ノ坂川,吉敷川が合流して扇状地沖積低地をつくる。低平な盆地床には氾濫多発地があり,自然堤防が点在する。河口は沈降谷の入江で,中世以降の干拓地沿岸に広がる。山口盆地の流域一帯はゲンジボタル発生地として国の天然記念物に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

椹野川
ふしのがわ
山口県中南部を南西流して瀬戸内海に注ぐ川。延長30.3キロメートル。山口市を流域とし、流域面積は314.8平方キロメートル。鳳翩(ほうべん)山東方の金山谷(かなやまだに)に発して山口盆地を南西流し、仁保(にほ)川、一ノ坂川、吉敷(よしき)川などを合流して周防灘(すおうなだ)に入る。流域の30%を低地が占め、古代条里遺構を残す水田地帯となり、中流に山口市の中心市街地、下流に東海道・山陽新幹線新山口駅(旧、小郡駅)のある市街地が広がる。流域は国指定天然記念物のゲンジボタルの発生地。河口の干潟は渡り鳥の休息地やカブトガニの生息地であるが、環境悪化が進み、干潟再生事業が進められている。[三浦 肇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

椹野川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

椹野川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.