Rakuten infoseek

辞書

椰子油【ヤシユ】

デジタル大辞泉

やし‐ゆ【×椰子油】
ココヤシの実の胚乳コプラ)を圧搾して得られる白ないし淡黄色の脂肪。成分はラウリン酸などのグリセリドで、石鹸(せっけん)・マーガリンなどの原料とする。コプラ油。→パームオイル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やしゆ【椰子油】
コプラを圧搾して得る不乾性油。常温で固体なので植物脂肪として分類されている。ラウリン酸・ミリスチン酸などの飽和脂肪酸のグリセリドが主成分。石鹼せつけん・マーガリンなどの原料。コプラ油。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やし‐ゆ【椰子油】
〘名〙 ココヤシの果実の胚乳(はいにゅう)を搾った油。特殊なにおいのある、白色または淡黄色の脂肪。主成分はミリスチン酸など低級脂肪酸を多く含み、融点は二五度前後。石鹸(せっけん)・ろうそくの製造、マーガリンなどの食用脂、防虫その他に用いる。やしあぶら。〔書言字考節用集(1717)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

椰子油」の用語解説はコトバンクが提供しています。

椰子油の関連情報

他サービスで検索

「椰子油」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.