Rakuten infoseek

辞書

検校【けんぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

検校
けんぎょう
中国および日本の僧侶および盲人の官職名。「建業」とも書く。検 (あらた) め校 (かんがえ) る意から出たもので,中国では東晋時代からあって,唐代には検校官と称した。日本では推古 32 (624) 年に僧尼を監督するとしておかれ,のちに大きな社寺において総務を監督する僧官の名称となった。また,大嘗会などの大きな朝儀の総裁の職や荘官の一種にもこの名がある。室町時代に盲人の自治組織である当道職屋敷の制度 (→当道 ) がおかれて,その職名となり,その最高の階級の官名となった。特に最高位の検校は職検校または総検校といって,1人と定められ,職屋敷を統括,江戸時代に江戸に惣録屋敷がおかれてからは,その統括者を惣録検校ともいった。検校になるためには 1000両を要するといわれ,総検校は 10万石の大名と同等の格式があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けん‐ぎょう〔‐ゲウ〕【検校/××挍】
物事を調べただすこと。また、その職。
社寺で、事務を監督する職。また、一寺の上位者で衆僧を監督する者。
荘園役人の一。平安・鎌倉時代に置かれた。
室町時代以降、盲人に与えられた最高の官名。専用の頭巾衣服・杖などの所持が許された。建業。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん‐こう〔‐カウ〕【検校】
調査し考え合わせること。→けんぎょう(検校)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けんぎょう【検校】
(1)撿挍とも書く。ものごとを点検し,誤りを正すというもとの意味から,のちにその任にある人,さらに職名となった。中国の検校(けんこう)は南北朝以来の官名だが,日本では《日本書紀》推古32年(624)の条に〈僧正僧都に任じ,よってまさに僧尼を検校せしむべし〉とあるのが初例である。大宝令には〈采女(うねめ)等を検校することを掌る〉と,采女司の采女正の職掌の説明が見え,検校の語の古い用例がわかる。(2)寺社の検校。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

けんこう【検校 jiǎn jiào】
中国の官名。正官を授けられずその任にあたるとき,仮官として検校の字を冠する。検校御史,検校祭酒など南北朝以来ある。宋代には検校太師から検校水部員外郎まで多くの名目的な検校官があり,武官文官の肩書として与え,また文官を武官に任命するときこれを加えた。元代の中書省には検校官という公文書を扱う官があり,明代の各官庁にも置かれ,清代には各府に置かれた。日本では僧尼をとりしまる官名として用いられ,のちには盲人の統率者を意味し,検校(けんぎよう)という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けんこう【検校】
( 名 ) スル
調べ考えること。調査し考え合わせること。 「両軍の勢力をば比較-する/此一戦 広徳」 → けんぎょう(検校)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

検校
けんぎょう
とも書く。点検典校の意から、中国では経籍(けいせき)をつかさどる官名などに用いる。日本では、事務を検知校量することから、平安・鎌倉時代の荘官(しょうかん)の職名に用いられた。しかし、とくに僧職の名として用いられる場合が多く、寺社の事務を監督する職掌をいう。常置の職としては、896年(寛平8)東寺の益信(やくしん)が石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)検校に任ぜられたのが初出で、高野山(こうやさん)、熊野三山、無動寺などにおいても、一山を統領する職名であった。法会(ほうえ)や修理造営の行事を主宰する者の呼称としても用いられる。中世には盲目の琵琶法師(びわほうし)仲間(当道(とうどう)座)の長老も検校とよばれ、『師守(もろもり)記』貞治(じょうじ)2年(1363)条の「覚一(かくいち)検校」が初見とされる。江戸時代には当道座が幕府によって認められ、惣(そう)検校の下に検校・別当・勾当(こうとう)・座頭(ざとう)などの官位があった。また、江戸には関八州の盲僧を管轄する惣録(そうろく)検校も置かれた。平曲のほか地歌、箏曲(そうきょく)、鍼灸(しんきゅう)、按摩(あんま)などに従事する者で官位を目ざす者は試験を受け、多額の金子(きんす)を納めてこの職名が授けられた。[石川力山]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

検校」の用語解説はコトバンクが提供しています。

検校の関連情報

他サービスで検索

「検校」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.