Rakuten infoseek

辞書

検地【けんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

検地
けんち
江戸時代の土地調査をいう。土地を丈量し,1村ごとに田畑,屋敷の反別,等級,収穫高,耕作者などを具体的に調査した。この調査結果をまとめたものが検地帳である。これにより村落の境界が確定され,村高,さらに領国の石高が決り,年貢諸役賦課の基準が定まった。土地調査は古代から行われ,平安時代の民部省図帳,荘園制下の検注鎌倉幕府の田文 (たぶみ) などが知られている。これらは農民支配を目的とする点では同じであるが,調査方法は幼稚で調査内容も粗放,かつ凶作,天災などによる年貢減免の資料というような一時的性格が強かった。室町時代から戦国時代になると,領主の政治的,経済的支配力が強大となり,一円知行の分国も形成されはじめ,このような支配関係の拡大化,一元化に伴い領国支配の基礎作業として次第に精密な検地も行われるようになった。しかしこの段階では荘園制下の複雑な土地に対する権利関係を打破し完全な領国支配の一元化を成就するにはいたらなかった。それは指出 (さしだし) という田畑の面積,年貢高を各領主より申告させるという当時の検地の方法に示されている。織田信長の天下統一事業を継承した豊臣秀吉は従来の検地を組織・統一化して全国的に拡大させた。太閤検地がそれで,方6尺3寸を1歩,300歩を1段とする統一的丈量単位で一筆ごとに実測し,土地を収穫量で表示する石高制を完成した。秀吉以後,江戸幕府は1歩を方6尺1寸に改めたほかは,ほぼ秀吉の制を承継し,伊奈備前守 (備前検地) ,大久保長安 (石見検地) らによって全国的に検地を施行した。それに伴い検地の基準や方法なども精密化され『検地条目』『新田検地条目』が制定された。諸藩でも幕領と同じように領内の検地を進め,幕藩体制の確立に努めた。検地の実施にあたっては検地奉行以下の役人が現地におもむいた。まず村方から地引絵図などを提出させ,検地要具 (間竿,水縄,細見竹,梵天竹,十字,小方儀など) を用いて実測し,それを野帳 (のちょう) に記し,野帳が確定したら清野帳,検地帳の順に作成した。このように作成された検地帳に記載された農民は,その土地の耕作者として耕作権を公認される反面,土地と不可分の年貢諸役負担者として土地に繋縛された。検地帳所載の田籍,石高を名請人別に組替えて年貢徴収の用にあてた帳簿を名寄帳 (なよせちょう) という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けん‐ち【検地】
近世、年貢の徴収と農民支配を目的に、幕藩領主が行った土地の測量調査。検地帳に田畑の面積・等級・石高名請人などを記載し、領主支配の基礎とした。豊臣秀吉太閤検地以後、全国的規模で行われた。竿入れ縄打ち

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

検地
 領地支配者が、自分の土地を把握するために行った土地調査のことです。所在地や土地の種類・面積・等級・耕作者などが調べられました。調査の成果からどれだけのものが取れるかを計算し、税がかけられました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けんち【検地】
封建領主が自己の所領を把握するために,農民の保有する田畑・屋敷地の面積・石高を調査し,村高・村境を決定する土地・人民調査をいう。言葉としては戦国期から使われたが,豊臣秀吉の太閤検地以来公用語として定着した。俗に竿入,竿打,縄入,縄打などともいった。土地人民の調査そのものは古代からあり,律令制下の田籍田図と戸籍計帳,荘園制下の検注や内検,鎌倉幕府の大田文(おおたぶみ)などがある。戦国末期に大名の一円支配が進行するにつれて大名独自の検地が行われるようになり,今川,後北条,武田,毛利ら戦国大名の検地が知られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けんち【検地】
年貢高・諸役などを算定するために農民の田畑などを測量・調査すること。部分的なものは戦国時代にも行われたが、豊臣秀吉によって全国的に実施され、江戸幕府・諸大名に受け継がれた。竿入れ。縄打ち。縄入れ。地検。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

検地
けんち
室町末期から江戸末期にかけて封建領主が行った土地の測量調査。律令制(りつりょうせい)下の検田、荘園制(しょうえんせい)下の検注にあたる。竿入(さおいれ)、縄打(なわうち)、縄入(なわいれ)などともいう。検地の実施に際しては、まず検地の基準・方法などを示した条目が公布され、ついで検地奉行(ぶぎょう)が任命されて、その下に筆取(ふでとり)、竿取(さおとり)、雑使などが置かれ、これらの検地役人は不正行為をしない旨の誓詞を出して実施にあたった。すなわち、村ごとに田畑屋敷などを一筆ごとに測量し、その位置、等級(上・中・下・下々(げげ))、面積、石高(こくだか)(分米(ぶんまい))および名請人(なうけにん)などを調査決定して、村高を把握するとともに、その作業過程で野帳(のちょう)、地引帳、地引絵図などをつくり、最終的に検地帳を作成して領主に提出・報告した。この検地は、封建的支配の確立を目ざす領主が、その権力の基盤をなす土地・農民を直接掌握するための、もっとも基本的な政策の一つであった。
 土地の測量調査は古くから行われたが、それを検地と呼び始めたのは室町末期からである。この時期には後北条(ごほうじょう)、武田、毛利(もうり)、織田(おだ)らの諸氏による部分的な検地がみられるが、これを全国的規模で統一的に実施したのが、1582年(天正10)から1598年(慶長3)にかけての太閤(たいこう)検地である。太閤検地では、6尺3寸四方を1歩(ぶ)、300歩を1反(たん)とし、石高、名請人を公定して掌握したから、従来の荘園制的支配関係が清算され、石高制、兵農分離などが確立されて、近世封建制の基礎となった。江戸幕府も1601年(慶長6)から1623年(元和9)の間に、伊奈忠次(いなただつぐ)、大久保長安(ながやす)、彦坂小刑部(ひこさかしょうぎょうぶ)を奉行に任じて、関東を中心に、6尺1分四方を1歩とする総検地を行い、さらに寛文(かんぶん)(1661~1673)、延宝(えんぽう)(1673~1681)、元禄(げんろく)(1688~1704)年間には藪(やぶ)、沼、荒地をも石盛(こくもり)して石高に入れる厳しい検地を実施した。この慶長(けいちょう)以降の検地を新検、太閤検地を古検(こけん)とよんだが、1726年(享保11)の総検地後は、それより前を古検、以後を新検と称した。各藩でも財政再建のため検地を実施した。検地実施期は春秋の稲麦の刈入れ後が主で、春検地はその年から、秋検地は翌年から高入となり租税の基礎となった。検地は農民にとって隠田(おんでん)の摘発、負担の増加となりやすかったから、しばしば百姓一揆(いっき)の原因となった。検地には村中を縄入する本検地、新田や論所(ろんしょ)を部分的に縄入する新田検地・論所検地や、打出しの見込める古検の地を竿入せず見計らいで増高する居(い)検地、田畑の等級・高・石盛は変えず反別のみを丈量し直す地押(じおし)(地詰(じづめ)、地坪(じならし))、田畑の周囲を絵図に写し分間法を用いて丈量する廻(まわ)り検地などの種類があった。幕府や諸藩の検地事業は、明治維新後、地租改正事業に引き継がれた。[宮川 満]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

検地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

検地の関連情報

他サービスで検索

「検地」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.