Rakuten infoseek

辞書

検事【けんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

検事
けんじ
旧刑事訴訟法のもとでは検察官全体の呼称であったが,現行法のもとでは,検察官の官名の一つで,各検察庁に配属され検察権を行使するを行う。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けん‐じ【検事】
検察官職階の一。検事長の下、副検事の上に位する。
検察官旧称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けんじ【検事】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けんじ【検事】
検察官の職階の一。検事長の下、副検事の上。検察官の通称として用いられることもある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

検事
けんじ
検察官の官名の一種をいう(検察庁法3条)。検察官には級数による区別があり、検事は1級または2級とする(同法15条2項)。検事の職は法務大臣がこれを任命する(同法16条1項)。2級の検事の任命は、主として司法修習生の修習を終えた者についてこれを行い(同法18条1項)、1級の検察官の任命は、主として8年以上2級の検事の職にあった者についてこれを行う(同法19条1項)。また、3年以上副検事の職にあって特別考試に合格した者を2級の検事に任命することができ(同法18条3項)、これを特任検事とよんでいる。
 なお、旧刑事訴訟法では検察官のことを検事と称した。[内田一郎・田口守一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けん‐じ【検事】
〘名〙 検察官の官名の一種。検事総長から副検事まで五階級ある。検察官の大部分を占め、一、二級の別がある。また、検察官の総称にも用いる。
※太政官達第一四号‐明治七年(1874)一月二八日(法令全書)「検事職制章程」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

検事」の用語解説はコトバンクが提供しています。

検事の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.