Rakuten infoseek

辞書

【ショク】

デジタル大辞泉

しょく【植】[漢字項目]
[音]ショク(漢) [訓]うえる うわる
学習漢字]3年
草木をうえる。うえつける。「植樹植毛植林移植扶植
草木の総称。「植物腐植土
開拓のために人を移住させる。「植民入植
活字を版に組み込む。「植字誤植
[補説]3は「」と通用する。
[名のり]たね・なお

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

植 (アミノキ)
植物。センダン科の落葉高木,薬用植物。センダンの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

う・う【植】
[1] 〘自ワ下二〙 生える。生長する。生えている。上代・中古の「うゑ木」「うゑ草」「うゑ竹」など、熟語の中に残る。
[2] 〘他ワ下二〙 ⇒うえる(植)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

う・える うゑる【植】
〘他ア下一(ワ下一)〙 う・う 〘他ワ下二〙
① 植物を生長させるために、その種子や根を土中に埋める。
※古事記(712)中・歌謡「みつみつし 久米の子らが 垣下に 宇恵(ウヱ)し椒(はじかみ)
② (比喩的に用いて) もとになるものを作る。また、思想などを人の頭に刻み込む。
※大日経義釈延久承保点(1074)六「若し此れが中に福を樹(ウヘ)つれば」
③ 棒状のものを固定して立てる。また、はめこむ。
※浄瑠璃・出世景清(1685)四「大くぎのうらをかへさず打たれば、つるぎをうへたるごとくなり」
④ 他から移して、育つようにする。
※和英語林集成(再版)(1872)「ホウソウヲ uyeru(ウエル)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

う・ゆ【植】
〘他ヤ下二〙 (ワ行下二段動詞「うう(植)」から転じて、室町ごろから用いられた語。多くの場合、終止形は「うゆる」の形をとる) =うえる(植)〔黒本本節用集(室町)〕
※倭蘭年表(1855)下「ゴイアナの奥地を開き、人を植ゆ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うわ・る【植】
〘自ラ五(四)〙 植えられる。植えた状態になる。
※風俗歌(9C前‐11C中か)遠方「安達(あだち)の原に 立たる幹(から)に 立たる幹(から)に 宇和流(ウワル)(から)に 己(おの)を似寄する さ寝(ぬ)としなくに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

植の関連情報

他サービスで検索

「植」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.