Rakuten infoseek

辞書

椋平 広吉【ムクヒラ ヒロキチ】

20世紀日本人名事典

椋平 広吉
ムクヒラ ヒロキチ

大正・昭和期の地震研究家



生年
明治36(1903)年10月2日

没年
平成4(1992)年10月8日

出生地
京都府宮津市

学歴〔年〕
高小卒

経歴
小学校時代、早大講義録などで独学。4年生の時、古雑誌の濃尾地震の記事を見て地震予知関心を持つ。大正8年宮津地方で「日の粉」と呼ばれるを見た。その後名古屋地方に地震があり、以後何度か同様の体験をし、大地震の前兆確信。12年の関東大地震、昭和5年の北伊豆地震、21年の南紀地震、23年の福井地震、49年の銚子沖地震など多くの地震を前日に予言したといわれる。気象学者藤原咲平は12年東大地震研究所彙報に「地震の前兆としてのいわゆる椋平虹について」を英文で発表、椋平虹と命名、世界に紹介したが、学会では殆ど認められなかった。新田次郎の小説「虹の人」のモデル。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

椋平 広吉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

椋平 広吉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.