Rakuten infoseek

辞書

森鴎外(年譜)【もりおうがいねんぷ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

森鴎外(年譜)
もりおうがいねんぷ
1862(文久2)1月19日(新暦2月17日)石見(いわみ)国鹿足(かのあし)郡津和野横堀(現、島根県津和野町)に誕生。本名は林太郎
1869(明治2)藩校養老館で漢学を学ぶ
1872(明治5)6月上京。10月親戚の西周邸に寄寓、本郷の進文学舎でドイツ語を学ぶ
1874(明治7)1月東京医学校(のちの東京大学医学部)予科に入学
1881(明治14)7月大学卒業。12月陸軍軍医に
1884(明治17)6月ドイツに留学を命ぜられる
1888(明治21)9月帰国、陸軍軍医学舎教官に
1889(明治22)1月『東京医事新誌』主筆。3月『衛生新誌』創刊。赤松登志子と結婚(翌年離婚)。8月『於母影(おもかげ)』発表。10月『しがらみ草紙』創刊。12月『医事新論』発刊
1890(明治23)1月『舞姫』発表。8月『うたかたの記』発表
1891(明治24)9月坪内逍遙と「没理想論争」
1892(明治25)7月『水沫(みなわ)集』刊。11月『即興詩人』発表(~1901年)
1893(明治26)5月「傍観機関」論争
1896(明治29)1月『めさまし草』創刊
1899(明治32)6月第一二師団軍医部長として小倉へ
1902(明治35)1月荒木志げと再婚。3月第一師団軍医部長となり帰京。10月『万年艸(まんねんぐさ)』創刊
1906(明治39)9月歌会常磐会をおこす
1907(明治40)3月観潮楼歌会をおこす。11月陸軍軍医総監・陸軍省医務局長となる
1909(明治42)3月『半日』発表。7月『ヰタ・セクスアリス』発表
1910(明治43)3月『青年』発表(~1911年8月)
1911(明治44)3月『妄想』発表(~4月)。9月『雁』発表(~1913年5月)
1912(明治45・大正1)1月『かのやうに』発表。10月『興津弥五右衛門の遺書』発表
1913(大正2)1月『阿部一族』発表
1914(大正3)1月『大塩平八郎』発表
1915(大正4)1月『山椒大夫』発表。7月『魚玄機』発表
1916(大正5)1月『高瀬舟』『寒山拾得』『渋江抽斎』(~5月)発表。6月『伊沢蘭軒』発表(~1917年)
1917(大正6)9月『なかじきり』発表。10月『北条霞亭』発表(~1920年)
1922(大正11)7月9日没、向島弘福寺に葬られる。のち墓は三鷹市禅林寺に移された

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森鴎外(年譜)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

森鴎外(年譜)の関連情報

関連キーワード

サイゴン条約黒住教官板バタビヤ新聞トルストイボロジン明治維新ロペスワーグナーバールセンブッセ

他サービスで検索

「森鴎外(年譜)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.