Rakuten infoseek

辞書

森近運平【もりちかうんぺい】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

森近運平 もりちか-うんぺい
1881-1911 明治時代の社会主義者。
明治14年1月20日生まれ。農事講習所を卒業して岡山県技手となるが,週刊「平民新聞」の読者会をつくり免職。明治39年社会党結成にくわわり,40年「大阪平民新聞」を発刊して幸徳秋水らの機関誌とする。42年郷里岡山県にかえる。翌年大逆事件で検挙され,44年1月24日刑死。31歳。著作に「社会主義綱要」(堺利彦との共著)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

もりちかうんぺい【森近運平】
1881‐1911(明治14‐44)
社会主義者。岡山県出身。県立農事講習所卒業後県庁に勤めたが,1904年《平民新聞》の読書会〈岡山いろは俱楽部〉を組織し,免官となる。05年大阪に転居し,大阪平民社を結成,06年の日本社会党結成に参画し,評議員となる。07年《平民新聞》廃刊後,宮武外骨の援助をえて《大阪平民新聞》(のち《日本平民新聞》)を発行し,幸徳秋水らの直接行動派の機関紙の役割を果たす。08年赤旗事件後上京し,幸徳宅に同居していたが,翌年運動を中止,帰郷して温室園芸栽培にとりくんでいたところ,大逆事件容疑で捕らえられ,死刑に処された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

森近運平
もりちかうんぺい
(1881―1911)
明治期の社会主義者。明治14年1月20日岡山県に生まれる。県立農学校卒業後、県庁などに勤務するが、1904年(明治37)週刊『平民新聞』の読者会として岡山いろは倶楽部(クラブ)を結成、免官となる。05年大阪平民社を創設後、上京して平民舎ミルクホールを経営、6年2月日本社会党の結党に参加し評議員兼幹事となる。07年宮武外骨(みやたけがいこつ)の援助で『大阪平民新聞』を創刊(のち『日本平民新聞』と改題)、幸徳秋水(こうとくしゅうすい)や堺利彦(さかいとしひこ)らが寄稿し、直接行動派の機関紙の観を呈する。8年6月の赤旗事件後に再度上京、幸徳方に同居して活動を続けるが、同志と対立し、翌年帰郷、温室栽培による高等園芸と農村の改善に従う。幸徳や大石誠之助(せいのすけ)と大逆(たいぎゃく)を謀議したなどの容疑で大逆事件に連座、明治44年1月24日死刑となる。[荻野富士夫]
『吉岡金市著『森近運平』(1961・日本文教出版) ▽天津克子著『父上は怒り給いぬ』(1972・関西書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森近運平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

森近運平の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.