Rakuten infoseek

辞書

【むね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


むね
ridge
屋根面が交差する分水部分をさしていう。屋根の頂部で水平になった中心部を大棟,切妻造や入母屋造にみられるもので屋根の流れに沿って軒先に向う棟を下り棟 (降り棟) ,寄棟造などで両流れが合して屋根のに向って下っているものを隅棟 (または隅下り棟) ,ぶき屋根の隅棟あるいは下り棟の先端部分につける小型の棟を稚児棟などという。大棟の両端,下り棟の先端には,鬼瓦,獅子口などをつけ,また大棟の端部上端に鴟尾 (しび) , (しゃち) ,鳥衾 (とりぶすま) を載せることもある。下り棟は,大棟の両端から少し内側へ入った位置において屋根の平 (ひら) の流れに沿って下るものや入母屋造の破風の下で出隅の稜線に沿って下るものがある。なお,棟の部分に水平材として使う棟木 (むなぎ) のことを棟ということもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう【棟】[漢字項目]
常用漢字] [音]トウ(漢) [訓]むね むな
〈トウ〉
家屋の頂上を横に突き通す木。むな木。「上棟式汗牛充棟
長いむねの建物。「病棟・研究棟」
頭に立つ人。「棟梁(とうりょう)
〈むね〉「別棟
〈むな〉「棟木
[名のり]すけ・たか・みね

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むな【棟】
[語素]多く名詞の上に付いて「むね(棟)」の意を表す。「木」「札」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むね【棟】
[名]

㋐屋根の最も高い所。二つの屋根面が接合する部分。位置と構造により、大棟降棟(くだりむね)隅棟などとよぶ。
㋑棟木(むなぎ)。
牛車(ぎっしゃ)の屋形の上に、前後に渡した木。
(「刀背」「」とも書く)刀の峰。
[接尾]助数詞。家屋や建物などを数えるのに用いる。「三倒壊」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むね【棟】
建築物において二つの傾斜した屋根面が交わり稜線をなす部分,またはそこに造られた棟積みをいう。位置によって最上部にある水平の大棟(おおむね),四方の隅行方向へ下る隅棟,稜線とはならないが大棟から直角に前後へ下る降棟(くだりむね)がある。隅棟が1本で通らず先端に短い棟が付くものを稚児棟という。瓦を積んだ瓦棟のほか,檜皮(ひわだ)葺きや(こけら)葺きの屋根にみられる厚板を箱形に組んだ箱棟,茅葺き屋根の杉皮,木,竹などで造った棟(東日本では〈ぐし〉という)がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とう【棟】
[1]
むねの長い建物。大きい建物。 同じ-の住人
接尾
助数詞。建物の数を数えるのに用いる。 アパート一〇-が建つ広さ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むな【棟】
「むね(棟)」の転。他の語の上に付いて複合語として用いられる。 -木 -瓦

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

むね【棟】
屋根の面が交わり、高くなっている部分。頂上の水平部分を大棟(おおむね)、大棟から(のき)に下がる稜線を隅棟(すみむね)・降(くだ)り棟(むね)という。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


むね
屋根(陸(ろく)屋根を除く)の頂部をいい、通常は水平な直線状に現れる。しかし入母屋(いりもや)、寄棟、または方形のように四囲に軒が回る屋根型では、その四隅に向かって傾斜した棟もできる。これを「降(くだ)り棟」といい、この場合は先の棟を「大(おお)棟」とよんで区別する。棟はいわば屋根の分水嶺(ぶんすいれい)となる箇所で、風雨の当たりも当然激しいから、瓦葺(かわらぶ)きのときは熨斗(のし)瓦を重ね雁振(がんぶり)瓦をかぶせ屋根下地と厳重に緊結し、茅(かや)葺きなどのときは棟押えを置く。また棟は建物の外観でもっとも目だつ箇所でもあるから、その端部を鬼瓦(または鬼板)、鯱(しゃち)、鴟尾(しび)などで飾り、さらに箱棟と称するとくに大型の雁振などを用い広壮にみせることがある。なお、棟押えの装飾化したものが神社建築にみる鰹木(かつおぎ)である。[山田幸一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むな【棟】
〘語素〙 名詞「むね(棟)」と同じ意で、熟語の中で用いられる形。多く名詞の上に付けて使われる。「むな瓦(がわら)」「むな木」「むな札」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むね【棟】
[1] 〘名〙
[一] 屋根のもっとも高い所。屋根の背にあたる部分。また、そこに渡す材である棟木(むなぎ)のことをもいう。
※正倉院文書‐天平宝字六年(762)七月二一日・造石山院所返抄「宗一枝 長六丈方八寸」
[二] 転じて、屋根の棟に当たるような部分の名称として用いる。
① 牛車(ぎっしゃ)の屋形の上に、前後に渡した木。
※枕(10C終)九九「車の簾、かたはらなどにさしあまりて、おそひ・棟などに、ながき枝を葺きたるやうにさしたれば」
② 刀剣などの背。刃の反対側をいう。みね。
※義経記(室町中か)二「持ち給へる太刀のむねにて一打(うち)も当てられさせ給ふな」
③ 櫛(くし)の背。歯の反対側。
※歌舞伎・東海道四谷怪談(1825)二幕「母様のお形見の、三光のこの差し櫛。物好きなされし菊重ね。胸(ムネ)に工風の銀細工」
[2] 〘接尾〙 家屋・建物を数えるのに用いる。「土蔵一むね」「二むね並んだ長屋」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

棟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.