Rakuten infoseek

辞書

棟木【ムナギ】

デジタル大辞泉

むな‐ぎ【棟木】
棟に渡す横木屋根の最上部に、桁行(けたゆき)方向に取り付ける横木。むねぎ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むなぎ【棟木】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

むなぎ【棟木】
屋根の骨組みの頂部に用いられる水平材。棟に用いる木。むねぎ。 → 小屋組

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

むなぎ【棟木】
屋根の骨組みを構成する基本的な構造材の一つ。屋根の最上部に水平にわたされる部材。棟木を据えることは工事の区切りを意味し、祭場を設けて上棟式を行う。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

棟木
むなぎ
小屋組みの最上部に、桁行(けたゆき)方向に取り付けられる横木。母屋(もや)とともに垂木(たるき)を受け、小屋組みを桁行方向につないで固定する。棟木の上部は、垂木の間隔に垂木欠(たるきか)き(垂木を受けるための欠込(かきこ)み)をしたり、鎬(しのぎ)に削る(背峰(せみね)形に傾斜をつける)。化粧屋根裏天井では化粧棟木となる。また、山口県、島根県地方の民家で、草屋根の棟に針目(はりめ)覆いおよび棟飾りとして置かれる千木(ちぎ)形の組木をさす場合もある。[中村 仁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むな‐ぎ【棟木】
〘名〙 棟に用いる木材。むねぎ。
※吾妻鏡‐文治三年(1187)一一月一〇日「東大寺棟木」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

棟木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

棟木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.