Rakuten infoseek

辞書

棚田【たなだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

棚田
たなだ
階段耕作」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

棚田
山の傾斜地につくられた階段状の水田。収穫量を増やすため、江戸時代をピークに全国でつくられた。1970年代以降は減反政策が進み、耕作放棄されるなどして面積が減少している。神在居地区が92年、棚田のある風景を守る目的で「棚田オーナー制度」を考案。都市部の住人が棚田のオーナーになり、休日などに田植え稲刈りなどの農作業を体験しながら、最終的には収穫物を得る。オーナーからは会費をもらい、日常的な管理は地元農家が行う。
(2014-06-11 朝日新聞 朝刊 高知全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

たな‐だ【棚田】
急な傾斜地に、階段状に作った田。ライステラス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林水産関係用語集

棚田
傾斜地に等高線に沿って作られた水田。田面が水平で棚状に見えることから、こう呼ばれる。棚田は、雨水の保水・貯留による洪水防止、水源のかん養、多様な動植物や貴重な植物の生息空間や美しい景観の提供などの様々な役割を果たしている。
農林水産省では、棚田の維持・保全の取組を積極的に評価し、国民的な理解を深めることを趣旨として、我が国の代表的な棚田を「日本の棚田百選」として認定している。

出典:農林水産省

世界大百科事典 第2版

たなだ【棚田】
谷間などにつくられた階段状の水田。1枚の田の面積は小さく,例えば〈一段四瀬町〉と記されていれば,棚田1反が4枚の田からなっていることを示している。《高野山文書》に〈一反坪ハ上ミニ池アリ,池ノ水ヲ引ク也,根本ハ糯田ト名ク,今ハ山田ニテ棚ニ似タル故ニ,タナ田ト云〉とあるように,〈山田〉と同じで,上部の小さな谷池を用水源とした,棚のように段々になっている水田であった。棚田は,用水の水温も低く,良好な水田ではない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たなだ【棚田】
山地などの傾斜地に、階段状に作った狭い水田。千枚田。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔富山県〕棚田(たなだ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

棚田
たなだ
山腹などの急傾斜地につくられた棚状の田のこと。山間地で急峻(きゅうしゅん)な土地まで開田している場合には、田は幅の狭い帯状になり、その上・下段の田との間はかなり高い垂直の壁がつくられ、これらは石などで保守されていて、その形が棚のようにみえる。棚田は等高線に沿ってつくられるので、いわゆるテラス栽培の一種である。また、山腹などに小さい棚田がたくさんつくられている情景から千枚田ともよばれる。棚田の耕作には農具、肥料、資材の運搬に多くの労力を要し、機械化も困難でおもに手労働によらなければならない。用水も天水の田ごと灌漑(かんがい)や小規模の湧水(わきみず)や溜池(ためいけ)に頼るしかない。高冷地の渓谷型棚田では、春には雪融(ど)けが遅くて水温が上がらず、秋には早い時期に霜が降り稲作に適する高温期間が短い。また棚田は火山灰性の土で砂礫(されき)も多く、作土の浅い漏水田が多い。ここに冷水灌漑が行われているので、盛夏の7、8月に異常低温がくると冷害を受けやすい。雨量の少ない年には干魃(かんばつ)の被害も出やすい。このように棚田は生育が不安定で生産性が低く、経済上不利な条件にある。
 棚田は日本では中部地方の標高500メートル以上の高地にとくに多く、また平坦(へいたん)地の少ない島嶼(とうしょ)の海岸などにもみられる。棚田は日本のみならずフィリピン、台湾など東南アジアの各地にも多くみられ、中国の雲南省の高地にも大規模に発達している。[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

棚田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

棚田の関連情報

他サービスで検索

「棚田」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.