Rakuten infoseek

辞書

棒針編【ぼうばりあみ】

世界大百科事典 第2版

ぼうばりあみ【棒針編】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

棒針編
ぼうばりあみ
手編みの一種。棒にかかっているループから、一目ずつ引き出してできる編目で、表編と裏編が基本。これらの組合せで多彩な模様ができる。糸と針の持ち方にはフランス式とアメリカ式があり、右手で糸をかけるアメリカ式のほうが編目がやや詰まるが、左手に糸をかけて編むフランス式のほうが早く編めるようである。平らに編むときは、表側はつねに表編、裏側はつねに裏編の形となる。したがって、表も裏も表編で編むとガータ編となり、表目裏目を交互に編むとゴム編で、表目と裏目を交互に編み、次の段で前の段の表目の上を裏目、裏目の上を表目で編むのが、かのこ編となる。目と目を交差させて編む交差編(なわ編)などもある。編地は伸縮性に富み、あらゆる素材に対応でき、機能的でデザイン豊かに表現できる。ただし、伸びやだれに注意すること。[河合貴代美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼうばり‐あみ【棒針編】
〘名〙 手編みの一つ。棒針を使って編む方法。また、その編んだもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

棒針編」の用語解説はコトバンクが提供しています。

棒針編の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.