Rakuten infoseek

辞書

梶木【カジキ】

デジタル大辞泉

かじ‐き〔かぢ‐〕【×梶木/旗魚】
スズキ目メカジキ科のメカジキ、マカジキ科のマカジキクロカジキバショウカジキなどの海水魚の総称。長い紡錘形の体に、突出した強大な吻(ふん)をもつ。外洋を回遊する。かじきまぐろ。かじとおし。 冬》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

梶木 (カジキ)
動物。マカジキ科とメカジキ科に属する海水魚の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梶木 (カジノキ)
学名:Broussonetia papyrifera
植物。クワ科の落葉小高木・高木,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かじ‐の‐き かぢ‥【梶木】
〘名〙 クワ科の落葉高木。本州西部以西に野生するが、畑の縁などに栽植し、樹皮を和紙の原料にする。幹は高さ一〇メートル、径六〇センチメートルに達する。若枝には剛毛を密生する。葉は互生し長さ七~一五センチメートルの広卵形で縁にはあらい鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。春から夏にかけて淡緑色の花がつき、雌花穂は小球状、雄花穂は尾状となって垂れ下がる。果実はへら形で紅熟する。かみのき。かじ。まむしかず。おぶち。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※近江御息所周子歌合(930頃)「かぢのきの花わだつみを漕ぎゆく舟のかぢのきの花とはさらに波ぞたちける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梶木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梶木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.