Rakuten infoseek

辞書

梶原【カジワラ】

デジタル大辞泉

かじわら〔かぢはら〕【×梶原】
《歌舞伎で、梶原景時(かげとき)が他人をおとしいれる悪人として扱われているところから》
意地の悪い人。
「―と火鉢の灰へ書いて見せ」〈柳多留・二〉
ゲジの俗称。
「御夜詰めに―が出て大さわぎ」〈柳多留・二四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かじわら【梶原】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かじわら【梶原】
梶原景時の故事から
嫌われ者・憎まれ者の異名。 うとまるる身は-か厄払ひ(芭蕉)/射水川
ゲジの異名。 蚰蜒げじげじは-といへり/鶉衣

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かじわら【梶原】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かじわら かぢはら【梶原】
(「かじはら」とも)
[1]
[一] 梶原景時をいう。
※謡曲・調伏曾我(1480頃)「さてまた中座の一番は、所司の別当梶原父子」
[二] 梶原景季をいう。
※土井本周易抄(1477)四「梶原なんどが先陣を争う」
[2] 〘名〙
① 梶原景時の故事から、意地悪な人、いやみな人をいう。
※雑俳・柳多留‐二(1767)「梶原と火鉢の灰へ書て見せ」
② 「げじ(蚰蜒)」の異名
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「長崎よりものぼるまたう人 耳のあか取梶はらではやるらし〈重安〉」
※雑俳・削かけ(1713)「そりゃそりゃそりゃ・びしゃもんさまかかぢはらか」
[補注](二)①は梶原景時が義経を讒言した故事によるが、(二)②には諸説があり、①と同様の理由とも、梶原氏の矢筈紋の見立によるともいう。また、「和漢三才図会‐五四」によれば梶原景時が、讒言を将軍の耳に入れ害をなしたため、人々がゲジゲジにたとえてきらったのでこう呼ぶようになったともいい、「譬喩尽‐二」の「梶原を蚰(げじげじ)といふことは名乗なり景時々々(ゲジゲジ)」などからともいわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かじわら かぢはら【梶原】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梶原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梶原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.