Rakuten infoseek

辞書

【カイ】

デジタル大辞泉

かい【械】[漢字項目]
[音]カイ(漢)
学習漢字]4年
組み立てられた道具。「機械器械
[補説]原義は、罪人手足にはめて自由を奪う木製刑具

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


かせ
獄具の一種。古くは「かし」ともよばれた。木でつくられ、首、手または足にはめて、犯人あるいは被疑者の自由を束縛するためのもので、それぞれ首かせ()、手かせ()、足かせ(梏)があった。(なお『令義解(りょうぎのげ)』ではを足かせの意味としている)。糟令制では、その罪が死罪にあたる者には枷ととを加え、死罪にあたる婦女子および流罪にあたる者にはを去って枷だけを加え、杖(じょう)罪にあたる者にはかせを施さず、出入りだけを禁じる(散禁(さんごん)という)とされた。枷、、梏はいずれも木製であるが、枷には鉄製のものもあり、これを(かなぎ)と称した。これは足につける鉄の鎖で、徒囚を労役させるときに枷では不便なので、枷を外してかなぎをつけさせたのである。766年(天平神護2)に、犯人の逃亡に備えるために、に鈴をつけたことがある。平安時代、検非違使(けびいし)が京都の刑政をつかさどるようになってから、毎年5月、12月の両度、徒囚を東西の市(いち)に連れて行って、公衆の面前でをつける儀式が行われた。これを著(ちゃくだのまつりごと)とよび、のちに年中行事化された。[石井良助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

械の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.