Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

梨壺の五人【ナシツボノゴニン】

デジタル大辞泉

なしつぼ‐の‐ごにん【梨壺の五人】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なしつぼのごにん【梨壺の五人】
後撰和歌集者5人の呼称。951年(天暦5)10月,村上天皇の勅命によって,《万葉集》の訓釈と第2番目の勅撰集《後撰集》の撰という二つの事業が課せられ,内裏の後宮にある昭陽舎(梨壺)に初めて撰歌所が置かれた。別当(長官)には左近少将藤原伊尹(これただ)が任ぜられ,讃岐大掾大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ),河内掾清原元輔,学生源順(みなもとのしたごう),近江少掾紀時文,御書所預坂上望城(さかのうえのもちき)の5人が事にあたった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

梨壺の五人
なしつぼのごにん

951年(天暦5)村上(むらかみ)天皇の命により、宮中の梨壺(昭陽舎)に撰(せん)和歌所が設けられて、別当に藤原伊尹(これまさ)、寄人(よりゅうど)に大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)、清原元輔(きよはらのもとすけ)、源順(したごう)、紀時文(きのときぶみ)、坂上望城(さかのうえのもちき)が任ぜられ、『万葉集』の読解と第二の勅撰和歌集『後撰(ごせん)和歌集』の撰集とを行った。この寄人5人を「梨壺の五人」という。寄人選定は両事業の兼ね合いによるもので、歌人たることが必要条件ではなかったようである。歌人としての実績が乏しい時文は父貫之(つらゆき)の資料提供と能書、望城は御書所預(あずかり)と学識が考慮されての選と考えられている。『万葉集』読解はおもに順があたった。

[杉谷寿郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なしつぼ【梨壺】 の 五人(ごにん)
① (天暦五年(九五一)村上天皇の勅により、宮中梨壺に和歌所を設け、後撰集の編纂と万葉集の付訓に五人の寄人(よりうど)が当たったところから) 坂上望城(さかのうえのもちき)・紀時文(きのときぶみ)・大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)・清原元輔(きよはらのもとすけ)・源順(みなもとのしたごう)のこと。梨壺の五歌仙。〔袋草紙(1157‐59頃)〕
② 近世、一条天皇の頃の代表的女性歌人、和泉式部・赤染衛門・伊勢大輔・馬内侍・紫式部(清少納言を入れることもある)を指していった呼び名。梨壺とは関係がなく、①をまねた呼称。
[補注]「後拾遺集‐序」には、「むかしなしつほのいつつの人といひてうたにたくみなるものあり」とある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梨壺の五人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梨壺の五人の関連情報

関連キーワード

郭威葦根の草枕呉織・呉服白露の中中夏虫水鳥の宿

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.