Rakuten infoseek

辞書

梨割り【ナシワリ】

デジタル大辞泉

なし‐わり【梨割り】
ナシを割るように、刀でまっ二つに切り割ること。
「まっかう―車斬り、頭切らるるやつもあり」〈滑・浮世風呂・前〉
歌舞伎小道具の一。くわえ面の一種で、刀で梨割りにされたとき、赤く染めた綿が見えるようにしたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

なしわり【梨割り】
梨の実を割るようにざっくり縦に真二つに切り分けること。料理では、鯛のあら煮などで頭を割るときや、えびを鬼殻焼きにするときなどにいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梨割り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梨割りの関連情報

他サービスで検索

「梨割り」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.