Rakuten infoseek

辞書

【ウメ】

デジタル大辞泉

うめ【梅】
《「梅」の字音「メ」から変化したものという。平安時代以降「むめ」と表記されることが多い》
バラ科の落葉高木。葉は卵形で縁に細かいぎざぎざがある。早春、葉より先に、白・淡紅・紅色などの香りの強い花を開く。実は球形で、6月ごろ黄熟し、酸味がある。未熟なものは漢方で烏梅(うばい)といい薬用に、また梅干し梅酒などに用いる。中国の原産で、古くから庭木などにし、品種は300以上もあり、野梅(やばい)系・紅梅系・豊後(ぶんご)系などに分けられる。松や竹とともにめでたい植物とされ、花兄(かけい)・風待ち草・風見草・好文木(こうぶんぼく)・春告げ草・匂い草などの別名がある。 春》「二もとの―に遅速を愛すかな/蕪村
梅の実。実梅。 夏》
襲(かさね)の色目の名。表は白、裏は蘇芳(すおう)。うらうめ。
紋所の名。梅の花・裏梅・向こう梅など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばい【梅】[漢字項目]
[音]バイ(漢) [訓]うめ
学習漢字]4年
〈バイ〉
木の名。ウメ。「梅園梅花寒梅観梅紅梅探梅落梅老梅松竹梅
ウメの実の熟する時期。また、そのころの雨。つゆ。「梅雨梅霖(ばいりん)入梅
性病の一。楊梅瘡(ようばいそう)の略。「梅毒駆梅検梅
〈うめ〉「梅酒(うめしゅ)梅見青梅小梅庭梅
[補説]「楳」は異体字。
[難読]塩梅(あんばい)梅雨(つゆ)楊梅(やまもも)梅桃(ゆすらうめ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むめ【梅】
うめ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うめ【梅】
〔「梅」の字音「メ」に基づいてできた語〕
バラ科の落葉高木。中国原産。古く日本に入り、観賞用庭木として珍重されている。葉は卵形で先がとがり、鋸歯がある。花は早春、葉に先立って開き、白色・淡紅色の五弁または重弁で芳香がある。果実は球形の核果で酸味が強く、梅干しや梅酒とする。未熟時に生食すると中毒することがある。 [季] 春。 《 二もとの-に遅速を愛すかな /蕪村 》
の果実。
家紋の一。の花を図案化したもの。
梅襲うめがさね」に同じ。 〔中古以降「むめ」と表記されることが多い〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うめ【梅】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むめ【梅】
うめ(梅)」に同じ。 [季] 春。 《 -一輪一りんほどのあたゝかさ /嵐雪 》 「あやしき家の見所もなき-の木などには/枕草子 41

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

梅 (ウメ・ムメ)
学名:Prunus mume
植物。バラ科の落葉小高木,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うめ【梅】
(平安以後「むめ」と表記された例がかなり多い)
[1] 〘名〙
① バラ科の落葉高木。中国原産で奈良時代以前に渡来したといわれ、各地で栽培されている。宮崎、大分県の一部の山間には、野生状態のものが見られ、園芸品種は三〇〇以上ある。高さ六~一〇メートルに達する。樹皮は堅く黒褐色。葉は卵形で先が急に狭くなり、縁には浅い鋸歯(きょし)がある。早春、葉に先立って香りのよい五弁花が咲く。色は白、紅、淡紅などがあり八重咲きもある。実は直径三センチメートルほどの球形か楕円形で一方に浅い溝をもち中央に堅い核があり、この中に種子が一つはいっている。梅雨の頃に熟し、食用とするが、未熟のものは青酸を含み有毒。梅干し、梅酒、梅びしおなどを作る。果肉を煮つめたものや皮をむいて薫製とした烏梅(うばい)は胃腸薬、下痢止め、咳止めとされる。また、室町頃から樹皮の煎じ汁を褐色の染料に用いた。材は器物を作る材料とする。好文木(こうぶんぼく)。木花(このはな)。かざみぐさ。《季・春》
▼うめの実《季・夏》
※万葉(8C後)五・八一八「春さればまづ咲く宿の烏梅(ウメ)の花ひとり見つつや春日(はるひ)くらさむ」
※十訓抄(1252)六「散しほれける梅は有ける。好文木とぞ云ける」
② 特に、紅梅と区別して、白梅をいう。
※源氏(1001‐14頃)末摘花「むめはけしきばみほほゑみ渡れる、とりわきて見ゆ。はしがくしのもとの紅梅、いと疾(と)く咲く花にて色づきにけり」
※枕(10C終)八七「御使に、白き織物のひとへ、蘇芳(すはう)なるはむめなめり」
④ 紋所の名。梅の花を図案化したもの。うめのはな、うらうめ、むかううめ、うめつるなど多くの種類がある。
⑤ 江戸時代、拳(けん)で五のこと。ウー(五)。ごうさい。
※洒落本・突当富魂短(1781)品川遊び「それから世界が酒となり、梅や三な九で九でと見せも引ければ」
⑥ (もと、揚げ代が二五匁で、天神の祭日の二五日と同じ数だったことから、天神としてまつられた菅原道真が梅を愛したという故事に結びつけて) 江戸時代の遊女の位の一つである「天神」の異称。太夫に次ぐ高位。天職。梅の位(くらい)。〔評判記・色道大鏡(1678)〕
⑦ 花札で、二月を表わす梅を描いた札。梅に鶯(うぐいす)の一〇点札、赤短の五点札、および、かす札二枚がある。
[2]
[一] 謡曲。三番目物。観世流。観世元章作。京都五条の藤原何某が難波の浦へ行くと、梅の精が現われる。
[二] 荻江節。四世荻江露友作曲。作詞者、初演年代未詳。「松」「竹」とともに三部曲をなす。梅に鶯を配して、春ののどかさをうたった小品。
[語誌](1)万葉仮名では「宇米」「有米」「烏梅」などと表記され、平安時代になると「むめ」と記されることが多い。
(2)「万葉集」では、梅の歌は、植物としては萩に次いで多く、桜をしのぐ。万葉歌の梅はすべて白梅と解されるが、平安時代には、「木の花は、濃きも薄きも紅梅」〔枕‐三七〕など紅梅に言及する例も登場し、「和漢朗詠集」にも梅・紅梅双方の項目が設けられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うめ【梅】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばい【梅】
〘名〙
① 植物「うめ(梅)」の漢名。
※拾玉得花(1428)「桜・ばい・桃・梨なんどの、色々の花木にもわたるべし」
② 「てんじん(天神)(一)⑤」の別称。
浮世草子・傾城禁短気(1711)一「昔よりの身躰に応じ、松梅(バイ)鹿の位を分かち」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むめ【梅】
〘名〙 ⇒うめ(梅)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梅の関連情報

他サービスで検索

「梅」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.