Rakuten infoseek

辞書

梅毒血清反応【ばいどくけっせいはんのう】

家庭医学館

ばいどくけっせいはんのう【梅毒血清反応】
 血液を採取して調べる梅毒の検査を梅毒血清反応といい、①脂質抗原(ししつこうげん)を用いる方法と②トレポネーマパリダ抗原を用いる方法とがあります。
 ①の方法には補体結合反応(緒方(おがた)法、ワッセルマン法)と沈降(ちんこう)反応(ガラス板法、凝集(ぎょうしゅう)法)が、②には、血球(けっきゅう)凝集反応(TPHA)や蛍光抗体(けいこうこうたい)間接法(FTA)があります。
 ①は、梅毒以外の病気でも陽性になることがあって(生物学的偽陽性(ぎようせい))、梅毒かどうかを確実に診断することはできません。しかし、梅毒の病期や治療効果の判定威力を発揮します。
 ②は、梅毒かどうかを確実に判定できますが、治療によって完治しているのに、陰性になりません。
 このため、補体結合反応、沈降反応、TPHAの3つの検査を行なって、梅毒の診断、病期や治療効果の判定をしています。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版

ばいどくけっせいはんのう【梅毒血清反応 serological tests for syphilis】
STSと略す。抗原抗体反応の原理を用いて被検者血清から脂質抗原に対する抗体(レアギン),または病原体のトレポネマ・パリズムTreponema pallidum(TPと略す),およびその構成成分に対する抗体を検出し,梅毒感染の有無の診断の助けとする検査法の総称。1901年,J.ボルデらは彼らが開発した補体結合反応の原理を用い,梅毒の診断を試みたが成功しなかった。05年E.ホフマンらによって病原体のトレポネマ・パリズムが発見されると,翌06年A.ワッサーマンらは,それを多く含むと思われた梅毒胎児肝臓の食塩水抽出液を抗原として,補体結合反応を行い,患者血中の抗体を検出してその診断に成功した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

梅毒血清反応」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梅毒血清反応の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.