Rakuten infoseek

辞書

梅川【ウメガワ】

デジタル大辞泉

うめがわ〔うめがは〕【梅川】
浄瑠璃冥途(めいど)の飛脚」、および同系統の浄瑠璃・歌舞伎などに登場する主人公。大坂新町の遊女で、300両の封印切りの大罪を犯した飛脚業の忠兵衛に身請けされ、新口村(にのくちむら)へ駆け落ちする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うめがわ うめがは【梅川】
[一] 浄瑠璃「冥途の飛脚」および同系統の浄瑠璃や脚本の女主人公の名。
[二] (一)を主人公とした義太夫浄瑠璃を原拠として生まれた浄瑠璃の通称。歌詞は、義太夫節の「冥途の飛脚」「傾城三度笠」「傾城恋飛脚」などから借用。
① 富本節「道行恋飛脚」。名見崎徳治作曲。安永九年(一七八〇)江戸市村座初演。梅川忠兵衛。
② 清元節「道行故郷の春雨」。清元斎兵衛作曲。文政七年(一八二四)市村座初演。
③ 一中節「道行三度笠」。正徳年間(一七一一‐一六)都半仲作曲。
④ 新内節「傾城三度笠」。文化・文政年間(一八〇四‐三〇)に作曲。
⑤ 常磐津節「道行情の三度笠」。五世岸沢式佐作曲。天保八年(一八三七)江戸市村座初演。
⑥ 宮薗節「道行相合炬燵」。宮薗鸞鳳軒(らんぽうけん)作曲。明和六~安永二年(一七六九‐七三)の間に成る。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

梅川
(通称)
うめがわ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
梅川忠兵衛 など
初演
宝暦4.8(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梅川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.