Rakuten infoseek

辞書

梅川・忠兵衛【うめがわちゅうべえ】

世界大百科事典 第2版

うめがわちゅうべえ【梅川・忠兵衛】
浄瑠璃,歌舞伎作品中の主人公名または作品の俗称。飛脚屋亀屋忠兵衛と新町槌屋の遊女梅川を主人公にした近松門左衛門作《冥途の飛脚(めいどのひきやく)》(1711)が原典であるが,〈新口村の場〉は夫婦,親子,嫁しゅうとの愛情が巧みに描かれ,舞踊的要素が多いのでのちに道行浄瑠璃に作られた。常磐津《道行情(みちゆきなさけ)の三度笠》(1841),富本道行恋飛脚》(1780),清元《道行故郷の陽雨(はるさめ)》はその代表曲である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

梅川・忠兵衛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梅川・忠兵衛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.