Rakuten infoseek

辞書

【はり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


はり
beam
垂直材であるの上に水平に置き,上からの荷重を支える部材。梁のうち,建築学で家屋方向にかけたもの,土木工学橋梁に用いるものを特にということがある。梁は軸に直角方向の外力を受けて,主として曲げによって荷重を支えるのが特徴で,鉛直荷重だけを支持する小梁と,通常はや小梁にかかる荷重を受けているが,地震や台風時には柱などとともに水平力にも抵抗する大梁とがある。力学的には,梁を支える方法によって,梁の両端を支えた単純梁中間にも支点を設けた連続梁,連続梁の中間を切ってピンでつないだゲルバー梁,両端を完全に固定した固定梁,固定梁の一端を開放した片持ち梁などに分類される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


りょう
Liang
中国,南朝 (→南北朝) の一王朝 (502~557) 。南斉末,雍州刺史であった蕭衍 (しょうえん。→武帝) が梁の天監1 (502) 年の和帝の禅譲を受けて建てた王朝。蕭衍の治世は約 50年に近いが,その間,文運は栄え,仏教も盛んであり,対外関係も比較的平穏であった。しかし武帝は同7年の天監の改革で士族だけを政治的支配層=官吏とする政策を打出したため,各地の小豪族層や庶民の背反と不信を招き,国政の乱れが表面化した。武帝は貴族層の体質改善をはかったが,成功しなかった。太清2 (548) 年侯景の乱が起り,首都建康は陥落し,武帝は失のうちに死に,梁国は大混乱に陥った。各地に駐屯する梁の諸軍中,最も勢力のある荊州刺史の湘東王蕭繹が,侯景のいる建康へ王僧弁らの大軍を派遣。承聖1 (552) 年侯景が敗死すると,蕭繹は江陵で即位した (元帝) 。しかしこうした混乱に乗じて,西魏は江陵を攻略し,元帝を殺して梁の百官を関中に強制移住させた。建康の破壊と江陵の陥落とは南朝貴族制に決定的打撃を与えた。建康に駐屯していた王僧弁は,北斉の圧力で,貞陽侯蕭淵明を迎えて帝位につけたが,これに反対した覇先 (→武帝〈南朝陳〉) は王僧弁を殺し,北斉の進攻防止に成功して,武帝の子晋安王蕭方智 (敬帝) を擁立,やがて梁の太平2 (557) 年敬帝は陳覇先に位を譲って,ここに梁朝は滅亡した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うち‐ばり【×梁】
うつばり」に同じ。
「雨の日をもらすは惜しき商ひに―広き殿作りせん」〈三十二番職人歌合〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うつ‐ばり【×梁】
内張りの意。平安時代までは「うつはり」》屋根重みを支えるための横木。はり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はり【×梁】
構造物の上部からの荷重を支えるため、または柱をつなぐために架け渡す水平材。特に、桁(けた)に対して直角に渡されたものをさす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やな【×梁/×簗】
川の(くい)などを八の字形に並べ、水をせき止めて1か所をあけ、そこに梁簀(やなす)を張って流れてくる魚を受けて捕る仕掛け。上り梁・下り梁などがある。 夏》「手に足に逆まく水や―つくる/泊雲」
[補説]「簗」は国字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう〔リヤウ〕【梁】
中国の国名
戦国時代魏(ぎ)の恵王が都を大梁(開封)に移してからのちの称。
南北朝時代南朝の一。502年、の蕭衍(しょうえん)(武帝)が斉の禅譲を受けて建国。建康(南京)を都とし、南朝の最盛期を現出したが、548年、侯景の乱以後衰退し、557年、に滅ぼされた。
後梁(こうりょう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう【梁】[漢字項目]
人名用漢字] [音]リョウ(リャウ)(漢) [訓]はり うつばり やな
屋根を支えるため両側の支柱に架け渡す横木。はり。また、はりに似たもの。「梁材・梁塵(りょうじん)梁木虹梁(こうりょう)脊梁(せきりょう)柱梁棟梁鼻梁
橋脚を立てて川の両岸に架け渡した木の橋。「橋梁石梁
川をせき止めて魚を捕る装置。やな。「魚梁」
はねまわる。「跳梁
中国の王朝名。「後梁

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

建物の水平短径方向に架けられ、床や屋根などの荷重を柱に伝える材の事。主に曲げ応力を担い、鉛直荷重を伝えるが、地震などに際しては水平方向の荷重を支える事にもなる。梁にかけられた荷重は、柱・・大梁に伝えられる。梁の端部に柱があるものを大梁、柱に直接繋がっていないものを小梁とよぶ。木造・鉄骨造・SRC造と算定方法は異なる。装飾などを施して、わざと見える様にしたものを、露出梁という。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はり【梁 beam】
ビームともいう。建物,橋などにおいて,屋根,床などの荷重を支持するため,あるいは柱,壁などの鉛直部材を相互に連結補強するために水平にかけ渡される部材の総称狭義には,構造物の短辺方向にかけ渡したものをいい,梁に交叉する方向に配置されて梁を受ける部材は桁girderと呼んで両者を区別していたが,現在では特別な場合以外,両者を区別することは少ない。木造建築においては,使用する部位,位置を冠して,小屋梁,陸梁などの呼名が用いられており,一般の建築では,材料によって鉄骨梁,鉄筋コンクリート梁などと,また力の伝達順序,規模によって大梁,小梁などと呼ばれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

りょう【梁 Liáng】
中国,五代最初の王朝。907‐923年。後梁ともいう。建国者朱全忠黄巣の反乱軍の中心部将。唐に下って汴州(べんしゆう)宣武軍節度使に任ぜられた。汴州という地のによって勢力を拡大し,唐帝を洛陽に移して自己の保護下におくとともに,皇帝側近の宦官や貴族を大粛清して唐的伝統を絶ち切った。907年(開平1),帝位につき,国を大梁と号し,汴州開封府を都として,貴族政治に代わる最初の武人政権華北に樹立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

りょう【梁 Liáng】
中国,(南朝)の元帝の政権が西魏によって滅ぼされた後,江陵(湖北省江陵)に建てられた王朝。555‐587年。後梁とよばれる。初代天子蕭詧(しようさつ)は梁の武帝の孫,昭明太子の第3子。西魏・北周・隋の3代にわたって北朝の傀儡(かいらい)王朝として存在し,境域もせまく,軍政長官たる江陵総管のきびしい監視のもとにおかれた。政治的にはまったく無力であったが,江南の文化を北朝に伝えるうえで一定の役割を果たした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

りょう【梁 Liáng】
中国,南朝四王朝の一つ。502‐557年。4代の天子をかぞえるが,実際は治世約50年に及び,〈みずから天下を得,みずから天下を失う〉と評せられる武帝蕭衍(しようえん)一代の王朝であったといえる。蕭衍は南斉王室の疎族。雍州刺史であったとき,南斉の東昏侯暴政を除くべく挙兵,王朝を奪った。一流の知識人であった武帝は貴族を尊重したが,彼が尊重したのはその門地よりもむしろ教養であり,また人材発掘のために貴族の子弟を教育する国子学と寒門の子弟を教育する五館の学校制度を整えるなど,貴族制に一定の手直しを加えた施策には見るべき点があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うちばり【梁】
うつばり

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うつばり【梁】
むねの重みを支えるために、棟と直角に柱と柱の間に渡した横木。うちばり。はり。うつはり。
[句項目] 梁の塵を動かす 梁の燕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はり【梁】
屋根や上階の床の重さを受け支えるために、柱上に渡される横木の総称。うつばり。 → けた
材軸に対して直角あるいは斜めの荷重を受け、この荷重を支点に伝える細長い水平材一般をいう。ビーム。
算盤そろばんの用語。五玉と一の玉の境に設けた横木。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう【梁】
中国の国名。
戦国時代の魏が紀元前362年に大梁(今の開封)に遷都して以後の国号。
南朝の一(502~557)。南斉の蕭衍しようえん(武帝)が斉の禅譲を受けて建国。都は建康(南京)。仏教が栄え、六朝文化の盛期を画したが、のち侯景の乱が起こり、陳に国を奪われた。
五代の一。 → 後梁

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

はり【梁】
建物などの構造物で、柱などを支点として水平に渡す構造部材。建物の場合、柱の頭をつなぎ、その上の床や屋根の荷重を支える。特に、木造の日本建築では、棟(むね)と直角に渡すものをいい、棟と平行に渡す桁(けた)と区別する。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うつ‐ばり【梁】
〘名〙 (「うつはり」とも)
① 家屋や橋などの骨組みの一つ。柱と柱の上に渡し、棟の重みを受けて屋根を支えるもの。横木。うちばり。梁(はり)
※書紀(720)仁徳元年正月(前田本訓)「即ち宮垣(みかき)室屋(おほとの)(うはぬり)せず。桷(はへき)(ウツハリ)(はしら)(うだち)藻餝(えがきかざ)らず」
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「此製鉄場には二階の設なし、梁(ウツバリ)上に重力の器械を設く」
② (①から比喩的に) ある組織を支える中心的な存在。また、そのような人。棟梁(とうりょう)
※書紀(720)推古三年五月(岩崎本訓)「此の両(ふたり)の僧、仏教(ほとけのみのり)を弘演(ひろめ)て、並に三宝の棟梁(むねウツハリ)と為(な)る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はり【梁】
〘名〙
① 木造建築で、柱の上にはり渡し、上に束や扠首(さす)をおき屋根をささえるための横木。上部の重みをささえたり、柱を強固にしたりする。うつばり。〔和玉篇(15C後)〕
② 細長い材料がそれぞれの支点でささえられ、材に直角または斜めに曲げの力がはたらいているもの。ビーム。〔工学字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう リャウ【梁】
[一] 中国、戦国時代の魏が、紀元前三六一年に大梁(開封)に遷都した以後の国号。
[二] 中国、南北朝の南朝第三の王朝(五〇二‐五五七)。蕭衍(武帝)が斉の禅譲を受けて建国。南朝文化の最盛期を現出したが、侯景の乱以後衰退し、陳に滅ぼされた。
[三] 中国、五代最初の王朝(九〇七‐九二三)。通称は後梁。朱全忠(太祖)が唐を滅ぼして建国。二代で後唐に滅ぼされた。首都は開封。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版


りょう
①南北朝の南朝第3の王朝 502〜557
②五代最初の王朝 907〜923
斉の一族蕭衍 (しようえん) (武帝)が斉に代わって建国。その治世48年間は南朝文化の最も栄えた時期で,特に仏教が盛んであった。しかしその末年に,西魏の侵入で国は分裂し,梁は6代56年で陳に奪われた。
通称は後梁。➡ 後梁 (こうりよう)

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

梁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.