Rakuten infoseek

辞書

桜島【さくらじま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

桜島
さくらじま
鹿児島県中部,鹿児島市中東部の旧町域。桜島の西半を占める。1973年西桜島村から改称して町制。2004年鹿児島市に編入。産業は観光中心で,昭和溶岩原,大正溶岩原などがあり,ほとんど全域霧島錦江湾国立公園に属する。ビワポンカン桜島小みかん桜島大根などの栽培が行なわれる。西端の桜島港袴腰)は桜島の主要港で,鹿児島本港とフェリーで結ばれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜島
さくらじま
大阪市此花区南西部の地区。安治川河口右岸の埋立て地で,北と西は大阪北港,南は安治川内港に面し,東は北港運河で限られる。東半には金属,造船の大工場が立地し,西半は埠頭地区で,クレーン,上屋,倉庫などの施設のほか貯油槽が並ぶ。 JR桜島線の終点

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜島
さくらじま
鹿児島県中部,鹿児島市の中心市街地の対岸にあるほぼ円形火山島活火山で,常時観測火山。鹿児島市に属する。霧島火山帯に属し,北岳(1117m。最高峰で御岳ともいう),中(1060m),南岳(1040m)の 3峰がほぼ南北に連なった複合火山有史以来文明3(1471)年,同 7年,同 8年,寛永19(1642)年,安永8(1779)年など数多く爆発を繰り返している。特に 1914年の噴火は大きく,噴出した溶岩流で八つの村落埋没,当時南東部にあった大隅海峡も埋没し,大隅半島陸続きになった。その後も 1935,1946,1955年と記録に残る爆発を繰り返し,近年も南岳山頂火口で活発な噴火活動が続いている。また 2006年には 58年ぶりに昭和火口が噴火活動を再開した。島には古里温泉,桜島マグマ温泉などの温泉があり,1964年には霧島屋久国立公園(→霧島錦江湾国立公園)に指定された。畑作が主で,桜島大根,ミカン,ビワを特産。鹿児島-桜島(袴腰)間は,市営の桜島フェリーが 24時間運航し,島の南岸を国224号線が通る。面積 77.0km2

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

桜島
約2万6千年前、鹿児島湾の大きな穴「姶良(あいら)カルデラ」の南縁に生じた成層火山。北、中、南岳と多数の側火山からなり、東西12.2キロ、南北9.5キロ、周囲52キロの不規則な楕円(だえん)形。約2万9千年前の巨大噴火で火砕流が南九州全域を埋め尽くしたシラス台地だ。天平(764年)、文明(1471〜76年)、安永(1779年)、大正(1914年)の大噴火はすべて山腹噴火で、大量の溶岩を流出し、多数の犠牲者を出した。大正噴火大隅半島と陸続きに。有史後の山頂噴火は南岳だけ。16日現在の火山活動度レベルは2(比較的静穏)で、南岳と昭和火口から半径2キロ以内が立ち入り禁止。
(2007-05-17 朝日新聞 朝刊 長野全県 2地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

さくら‐じま【桜島】
鹿児島県中部、鹿児島湾にある火山島。北岳・中岳・南岳の三峰よりなり、現在南岳が活動。大正3年(1914)の噴火で大隅(おおすみ)半島につながる。霧島錦江湾国立公園の一部。
梅崎春生(うめざきはるお)小説。昭和21年(1946)発表。終戦前後の桜島で、村上兵曹と兵士たちとがと直面する極限状況を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

桜島
鹿児島県鹿児島市にある道の。国道224号に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜島
イケダパン(本社:△鹿児島県姶良市▽)が製造・販売する食パンのブランド名。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さくらじま【桜島】
鹿児島湾北部,鹿児島市街地の対岸に位置する火山島で,1914年(大正3)の大正噴火で流出した溶岩(大正溶岩)により,大隅半島と陸続きとなった。直径8~10km,面積約80km2。島のほぼ中央には御岳(おたけ)(北岳。1117m),中岳(1060m),南岳(1040m)の主峰が連なり山麓には溶岩円頂丘権現山,引ノ平,春田山,軽石丘の鍋山など多数の溶岩流が側火山として分布している。 桜島は姶良(あいら)カルデラの南部に後カルデラ丘として約1万3000年前から活動を始め,まず御岳が形成され,約5000年前から活動の中心は南岳に移った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さくらじま【桜島】
鹿児島市街の沖合3キロメートル、鹿児島湾にある火山島。1914年(大正3)の大噴火で大隅半島と陸続きになる。南岳(海抜1040メートル)は現在も噴火を繰り返し、噴煙を上げて周辺に火山灰の被害を与えている。桜島大根を特産。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さくら‐じま【桜島】
[一] 鹿児島市の対岸にある複式成層火山。御岳(北岳)・中岳・南岳の三峰からなる。もともとは火山島であるが、有史以来しばしば噴火し、大正三年(一九一四)の大爆発で南東部は大隅半島と陸つづきになった。
[二] 小説。梅崎春生作。昭和二一年(一九四六)発表。終戦前後の基地桜島での「私」村上兵曹とまわりの兵士たちの極限状況に置かれた生と死の相克を描く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桜島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.