Rakuten infoseek

辞書

桜井忠温【さくらい ただよし】

美術人名辞典

桜井忠温
陸軍軍人作家愛媛県生。日露戦争出征し、戦闘の体験を『肉弾』として出版する。敗戦後も著述活動をつづけた。絵画にも長じる。昭和40年(1965)歿、86才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

さくらい‐ただよし〔さくらゐ‐〕【桜井忠温】
[1879~1965]陸軍軍人・作家。愛媛の生まれ。日露戦争の旅順攻囲戦で重傷を負い内地送還。その体験を描いた「肉弾」「銃後」は広く読まれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

桜井忠温 さくらい-ただよし
1879-1965 明治-昭和時代の軍人,小説家。
明治12年6月11日生まれ。39年日露戦争で重傷を負った体験をかいた「肉弾」を発表し好評をえる。のち陸軍省新聞班長。少将退役後も著述をつづけた。昭和40年9月17日死去。86歳。愛媛県出身。陸軍士官学校卒。筆名落葉。作品に「銃後」「将軍乃木」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

さくらいただよし【桜井忠温】
1879‐1965(明治12‐昭和40)
陸軍軍人,作家。愛媛県生れ。1901年陸軍士官学校卒業。松山の歩兵第22連隊付少尉として日露戦争に出征,旅順で負傷。その体験を書いた《肉弾》(1906)は戦争文学の傑作として有名になり,欧米諸国でも翻訳出版された。24‐30年陸軍省新聞班長,30年少将・予備役。《国防大事典》(1932)の監修のほか多数の著書があり,31年までの作品は《桜井忠温全集》全6巻に収録。【大江 志乃夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さくらいただよし【桜井忠温】
1879~1965) 陸軍軍人・作家。愛媛県生まれ。士官学校卒業後、日露戦争に出征、旅順攻撃の際に負傷。その体験を描いた「肉弾」「銃後」は広く読まれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

桜井忠温
さくらいただよし
[生]1879.6.11. 松山
[没]1965.9.17. 松山
陸軍軍人,著述家。 1901年陸軍士官学校卒業。日露戦争に少尉として出征し,戦傷を負う。 26年陸軍省新聞班長。 30年少将で退役。日露戦争を舞台に著わした『肉弾』 (1906) は第2次世界大戦前の日本で広く読まれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜井忠温」の用語解説はコトバンクが提供しています。

桜井忠温の関連情報

他サービスで検索

「桜井忠温」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.